サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 外食のエネルギーは、どれくらいですか。

更新日:平成29(2017)年11月3日

外食のエネルギーは、どれくらいですか。

質問

外食のエネルギーは、どれくらいですか。

回答

同じ名称のメニューでも、飲食店により定食の料理の品数、使用している食材の内容や重量、調理の方法などが異なるためエネルギーは異なります。
最近は、メニューにエネルギー量や栄養素量(栄養価)を表示しているお店も多くなってきています。また、ホームページで公開しているお店もあります。ご自分が良く利用するお店の料理について調べてみましょう。

千葉県では、「ちば型食生活食事実践ガイドブック」を発行していて、資料編には、千葉県の様々な外食料理約500点について、できあがった料理の食材重量からエネルギー量や栄養素量(栄養価)計算を行った『外食料理成分ノート』が掲載されています。参考にしてみてください。
下記の表は、外食料理成分ノートの元データを利用して最新の成分表でエネルギー量や栄養素量(栄養価)計算をした結果です(『外食料理成分ノート』と少し数値が変更になっている箇所があります)。同じ名称の料理でも、料理の品数、使用している食材の内容や重量が違うので、『一般的な料理を想定した目安のエネルギー量』としてみてください。

和食は、洋食や中華料理に比べて一般に低エネルギーといえます。特に定食は、主食・主菜・副菜・汁物などが組み合わさっているので、食事のバランスが整えやすい食事です。しかし、揚げ物(天ぷらやとんかつ)や脂ののった魚などはエネルギーは高くなるので注意が必要です。
丼もののご飯は、ボリュームを出すために、だいたいご飯茶碗2杯分となっています。カツ丼や牛丼の脂身を残す、または、ごはんを残す勇気を持ちましょう。また、単品では野菜が不足してしまいます。野菜の料理を追加するか、1日の他の食事で補いましょう。
和食の麺類は低カロリーですが、栄養的には炭水化物に偏り、たんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品)や野菜がほとんど摂れないことが多いです。できるだけ野菜や卵などの具のたくさん入ったものを選んだり、野菜の料理を追加するか、1日の他の食事で補いましょう。また、塩分の多いつゆは残すようにしましょう。全部飲んだときは、他の食事でできるだけ塩分を控えましょう。

千葉県では、県民の健康づくりを応援するお店として、メニューに栄養成分の表示や栄養・食生活などの情報を提供する飲食店、ヘルシーオーダーに対応できる飲食店が「健康ちば協力店」として登録されています。「健康ちば協力店」には、「健康ちば協力店」マークが貼ってありますので、利用されると良いでしょう。

【参考文献】
千葉県農林水産部安全農業推進課食の安心推進室:ちば型食生活食事実践ガイドブック資料編、千葉県、2010年、

定食、丼もの

一般的な料理を想定した目安のエネルギー量

麺類(単品)

一般的な料理を想定した目安のエネルギー量

「健康ちば協力店」マーク

健康ちば協力店

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?