ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 千葉県共用地域医療連携パス > 千葉県共用地域医療連携パス(例示モデル)脳卒中

更新日:平成30(2018)年7月5日

千葉県共用地域医療連携パス(例示モデル)脳卒中

脳卒中(平成30年4月版)

千葉県共用脳卒中地域医療連携パスについては、千葉県医師会に、かかりつけ医や急性期病院、回復期病院等の関係者で構成する検討会を設置し、共用パスの見直しを行っています。

このたび、下記のとおり内容の改訂を行いました。

平成30年4月版の改訂内容

急性期看護シートの項目・表記の主な変更

  • 看護基本情報に「合併疾患」、「発症前情報」の欄を追加
  • 「排泄」に「その他」の項目、「褥瘡」に「ケア」の項目を追加
  • 退院時情報の「バイタルサイン」「バイタル上限下限」を削除、「用地料継続合併疾患」を追加

薬剤シートの項目・表記の主な変更

  • 「指導上の注意」に「アドヒアランス」を追加
  • 「その他」を「その他(臨床検査値、TDM、薬剤変更の経緯、経時記録など)」に変更
  • 薬剤総合評価調整管理料算定に対応するため、個々の薬剤に関し、4週以上投与されているかどうかの標記を追加

※ その他、詳細な変更箇所は、運用の手引き様式を御参照ください。

シートの内容

名称

概要

様式

(ダウンロード)

チェックシート

急性期病院及び回復期病院において、連携パス作成状況をチェックするシートです

診療計画書

患者及び家族に、診療計画を説明するためのもので、診療報酬上の規定に基づく書類となります。

連携シート

連携先の医療機関等が必要とする情報を記載し、接着パスとして使用します。

この書類は、急性期病院作成用と回復期病院作成用とがあり、それぞれが『診療情報シート』、『看護シート』、『リハシート』、『MSWシート』、『歯科診療情報シート』、『薬剤シート』、『栄養シート』の7つで構成されています。

『診療情報シート』は診療情報提供書として算定できます。

診療経過表

地域生活期において医療機関等が行う診療等の内容の一覧表です。

診療経過表『患者基本情報』、診療経過表『歯科シート』、『再発予防シート』、『リハシート』、『地域生活連携シート(介護シート)』で構成されています。

連絡票

地域生活期におけるコミュニケーションツールとして使用します。

『連絡票(様式A)』、『連絡票(様式B)』、『連絡票(様式C)』で構成されています。

『連絡票(様式C)』は、計画管理料を算定している患者さんがかかりつけ医に紹介されたとき、計画管理病院に郵送します。

『連絡票(様式B)』、『連絡票(様式C)』は、診療情報提供書として算定することが可能です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課地域医療構想推進室

電話番号:043-223-2608

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?