ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月24日

伝工:人形

節句人形

 千葉市

岡村洋一

岡村さんは、千葉市で節句人形の頭(かしら)を作る頭師である。

頭作りは全て手作業で、まず桐粉で地型を作り、ニカワで溶いた胡粉を何回も丹念に塗り上げて形を整える。このため作る度に顔の表情が微妙に違ってくるという。特に神経を使うのが、目の切り出しで、一つ一つの人形に生命をふきこんでいく。

岡村洋一さんの写真

岡村洋一さんの作品の写真

 

節句人形

 鎌ケ谷市

松澤武人

四代にわたって節句人形を作り続ける松澤さん。父であり、昭和59年度に県の伝統的工芸品に指定された「節句人形」の製作者である一男さんから高校時代より技術技法を受け継ぎ、磨きをかけてきた。

端午の節句には、武者人形や鎧、兜を飾り、男子の健やかな成長を祈る行事である。遠く奈良、平安の頃から受け継がれてきた日本の伝統文化であり、この技術が次代に引き継がれ、更に発展していくよう努めたいと松澤さんは語る。

松澤武人さんの画像

松澤武人さんの作品の写真

 

八千代びな

 八千代市

酒井幸司

三月三日の節句に飾る雛人形一筋“に、四十六年間つくり続けてきた酒井さん。

東京に生まれ、人形問屋で人形づくりの技術を学び、昭和四十五年に人形づくり師として独立した。

昔からの製作技術である一人作りを心掛け、胴は藁作りの本仕立て。本作りをする人形づくり師として、その技術を守り続けて行きたいという。

酒井幸司さんの写真

酒井幸司さんの作品の写真

 

衣装着人形

 印西市

相澤秀昭

相澤さんは、雛人形の胴を作る胴師である。

織元に赴き厳選した布地(京都西陣正絹布地)で製作した美しい衣裳が特色。また、人形の手足の振り付けで優雅な表情を表現している。

納得のいく人形作りを心掛け、一体一体丁寧に製作しており、全国新作節句人形コンクールにも平成九年から五年連続で受賞している。

相澤秀昭さんの写真

相澤秀昭さんの作品の写真

 

節句人形(雛人形)

流山市

山田吉徳

山田さんは、節句人形(雛人形)の胴部分の着せ付けや手の振り付けを行う、着付け師である。伝統的な技法である振り付けにこだわりながら、現代のニーズにあった雛人形の開発や、顧客の七五三の着物等をリメイクして、世界に一つだけの思い出深い雛人形を制作する等、日々創意工夫を重ねている。

また山田さんは、一般社団法人日本人形協会から、衣裳着人形の部門において、節句人形工芸士として認定を受けている。

山田吉徳さんの写真

山田吉徳さんの作品の写真

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?