ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月24日

伝工:郷土玩具

上総袖凧

 市原市

高澤文雄

市原の五井で、上総角凧づくりに意欲的に取り組む高澤さん。

上総角凧には、男子の出生を祝い、元気な子に育つようにとの願いが込められ、また、特有のうなり音は、その心意気を表現したものといわれる。

高澤さんは、凧づくりの楽しみを一人でも多くの人に知ってもらいたいと、地元の小学校などで凧づくりの指導にも励んでいる。

高澤文雄さんの写真高澤文雄さんの作品の写真

上総角凧

 市原市

小澤登

小澤さんは、昭和六十一年度に県の伝統的工芸品に指定された上総角凧の製作者である義父高澤文雄さんより、伝統技術・技法を受け継ぐ、四代目であり、その伝承と更なる発展に意欲的に尽くしている。江戸時代中期から伝わる上総角凧は、上総地域では男子の出生祝や各種慶事の御祝に用いられている。伝統の絵柄として「熊と金太郎」「鯉と金太郎」他に武者絵等があり、伝統性・美術性に富んでいる。

小澤登さんの写真小澤登さんの作品の写真

上総とんび

 一宮町

嵯峨野武

江戸時代中期から伝わる上総地方独特の“とんび凧“を作ってきた一宮町の嵯峨野さん。

「上総とんび」は、九十九里地方の大漁を祝う凧として作られて来たものであり、嵯峨野家には、凧絵の木版や下絵が数多く保存されている。

嵯峨野さんは、これらの貴重な資料に基づき、長い歴史を有する「上総とんび」を正確に再現し、後世に伝承していきたいという。

嵯峨野武さんの写真嵯峨野武さんの作品の写真

角凧・袖凧

 市原市

金谷司仁

昭和25年から凧づくりに従事している金谷さん。

上総地方では男児が生まれると、その子の健康と出世を祝って、端午の節句に凧を贈る習慣がある。

金谷さんは父親から凧づくりを学んだが、先々代が描いた大正時代の下絵も残っており、これも参考にしている。地元の凧愛好者の集いなどにも参加し、多くの人に凧の素晴らしさを伝えている。

金谷司仁さんの写真金谷司仁さんの作品の写真

角凧・袖凧

 市原市

金谷政司

明治38年の創業以来、四代にわたって凧づくりを続けている。

父であり、平成16年度に県の伝統的工芸品に指定された「角凧・袖凧」の製作者である司仁さんの手ほどきを受け、家伝の伝統技法を修得した。

上総地方には、誕生した男児の成長や出世を願い、初節句に凧を揚げる風習があることから、伝統技法だけでなく、凧に秘められた願いや思いも、後世に伝えていきたいという。

金谷政司角凧袖凧

佐原張子

 香取市

鎌田芳朗

水郷の佐原で張子細工一筋に五十年の鎌田さん。

鎌田さんの祖父が明治時代末期に亀車やかに車を作りはじめたところ、その素朴さとゴム動力を用いるなどの工夫により、佐原地方の人々に愛好され、現在まで続いている。

張子細工は、和紙を重ねばりして作り、亀車やかに車のほかに達磨などの縁起物を作っている。

鎌田芳朗さんの写真鎌田芳朗さんの作品の写真

芝原人形

 長南町

千葉惣次

芝原人形は、東京浅草の今戸人形を元に、明治初年から長南町芝原で作り続けられていた。

陶芸を学んだ千葉さんは、一時途絶えた芝原人形を復原、四代目を継承する。

粘土版を抜型に入れ、乾燥、素焼し、胡粉をかけ、泥絵具で彩色する。

素朴な味わいのある郷土玩具として知られている。

千葉惣次さんの写真千葉惣次さんの作品の写真

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?