ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 放射能・放射線関連情報 > 福島第一原子力発電所事故関係 > 廃棄物・リサイクル・残土処理施設等における放射線量等測定結果・対応 > 千葉県内の管理型最終処分場における空間線量率及び放流水等の放射性セシウム濃度の測定結果について

更新日:令和元(2019)年9月10日

千葉県内の管理型最終処分場における空間線量率及び放流水等の放射性セシウム濃度の測定結果について

県では、8000Bq/kg以下の放射性物質を含む汚泥及び焼却灰を埋立処分している県内の管理型最終処分場3か所について、平成23年10月以降、毎月、処分場内の空間線量率及び放流水等の放射性セシウム濃度を測定することとしました。


留意事項

  1. 測定対象の処分場
    • 新井総合施設株式会社君津環境整備センター(君津市)
    • 大平興産株式会社大塚山処分場(富津市)
    • 千葉産業クリーン株式会社(銚子市)
  2. 国が示した水中の放射性物質の濃度限度
    • セシウム134の濃度(ベクレル/リットル)÷ 60(ベクレル/リットル) + セシウム137の濃度(ベクレル/リットル)÷ 90(ベクレル/リットル) ≦ 1
  3. 水中の放射性物質の濃度の分析は、平成24年5月までは千葉県環境研究センターで、平成24年6月から10月まで及び平成25年4月以降は一般財団法人千葉県環境財団外部サイトへのリンクで、平成24年11月から平成25年3月までは財団法人千葉県薬剤師会検査センター外部サイトへのリンクで実施。
  4. 空間線量率の測定は、千葉県空間線量測定マニュアルに基づき実施。
  5. 不検出とは、測定できる最低限の値(検出限界値)より小さいことを表します。検出限界値は、セシウム134、137とも約1ベクレル/リットルです。

平成30年度以降平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成23年度~平成26年度

平成30年度以降

2018年4月から2019年8月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定及び採水位置
  4. 各処分場の測定結果

平成29年度

1月から3月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

10月から12月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

7月から9月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

4月から6月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

平成28年度

1月から3月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

10月から12月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

7月から9月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間率線量
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

4月から6月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

平成27年度

1月から3月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

10月から12月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

7月から9月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

4月から6月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

平成26年度

1月から3月

  1. 放流水等
    各処分場の排水処理施設の処理前及び処理後の水の放射性物質の濃度は、すべて国が示した放射性物質の濃度限度以下でした。
  2. 空間線量率
    すべての処分場において、「放射性物質汚染対処特措法」の年間被ばく量が1ミリシーベルトに相当する1時間当たり0.23マイクロシーベルトを超える放射線量は測定されませんでした。
  3. 各処分場の測定結果

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課産業廃棄物指導室

電話番号:043-223-2697

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?