ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年7月1日

くろまぐろ型TACに関する千葉県計画(試行)の策定について(平成29年6月30日)

発表日:平成29年6月30日
農林水産部水産局漁業資源課

太平洋クロマグロについては、平成27年から、国際公約に基づき国が漁獲量の上限を定め、県は国の示す枠内で1年間の管理計画を策定し管理を行っています。
今般、県では、本年7月から翌年6月までの第3管理期間におけるクロマグロの管理を適切に行うため、国の指導に基づき「くろまぐろ型TACに関する千葉県計画(試行)」を策定しましたのでお知らせいたします。
なお、新計画では、先獲りの不公平感が生じないよう、地域別の枠を設けるなどの見直しを行っています。

計画の概要

1計画期間

平成29年7月1日~平成30年6月30日(第3管理期間)

2国が定めた千葉県の太平洋くろまぐろの漁獲可能量

  • 30kg未満の小型魚:
    50.3トン
  • 30kg以上の大型魚:
    我が国全体の漁獲量が4,882トンを超えないよう管理する。(県に対する割当なし)

3小型魚の採捕種類別に定める数量

  • 定置網漁業の数量:
    11.5トン
    本県は他の道府県とで構成される共同管理に参加するため、関係県全体で管理する。
  • 漁船漁業等の数量:
    38.8トン
    漁船漁業等(曳き縄漁業、はえ縄漁業等)については、地域別の割当数量で管理する。

漁船漁業等の数量について

地域名

漁獲上限量

(1)銚子地区(銚子市~大網白里市)

10.4トン

(2)夷隅地区(白子町~勝浦市)

18.9トン

(3)安房地区(鴨川市~富津市)

9.5トン

合計

38.8トン

※平成23~27年の漁獲実績に基づき、地区ごとの割当数量を定めた。

4漁業者が実施すべき取組

関係漁業協同組合及び所属漁業者は、「3小型魚の採捕種類別に定める数量」を超過しないよう漁獲状況に応じて、操業の抑制に努める。なお、地域別に定めた数量の9割に到達した場合は、くろまぐろを目的とした操業の自粛を実施する。

5県が実施する取組

漁協から報告のあった漁獲量を取りまとめ国へ報告するとともに、地域別の数量の消化状況に応じて、7割で注意報、8割で警報を発出し、9割に達した際は操業自粛を要請する。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課資源管理班

電話番号:043-223-3037

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?