ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > 千葉県の資源管理とつくり育てる漁業(栽培漁業) > くろまぐろの数量管理について > くろまぐろ型TACに関する千葉県計画(試行)の変更について(平成29年9月12日)

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年9月13日

くろまぐろ型TACに関する千葉県計画(試行)の変更について(平成29年9月12日)

発表日:平成29年9月12日
農林水産部水産局漁業資源課

 太平洋クロマグロについては、平成27年から、国際公約に基づき国が漁獲量の上限を定め、県は国の示す枠内で1年間の管理計画を策定し管理を行っています。
 本年7月から1年間の第3管理期間における県計画については、6月30日に策定したところですが、今般、第2管理期間での国全体の小型クロマグロの漁獲実績が漁獲上限を超過したことから、超過分を第3管理期間で調整するため、国の基本計画が見直されました。
 これに併せ、国の指導に基づき、県計画を変更しましたのでお知らせいたします。

計画の概要

1 超過量に対する国の処理方針

  • 第3管理期間からの差引量は、当初漁獲枠の2割を限度とし、超過量がこれを超える場合は分割で差引き
  • 分割期間は、超過量を当初漁獲枠の2割で除して小数点以下切り上げ

注)差し引きは、国が都道府県へ配分を保留していた調整分(本県は1.2トン)を県計画の漁獲上限量に加えた上で行うこととされています。

2 本県の対応

本県の第2管理期間(平成28年7月1日~平成29年6月30日)の超過量は15.9トンであり、第3管理期間で10.3トン、第4管理期間で5.6トンを当該年の漁獲上限量から差し引きます。

漁獲上限

3 計画変更内容

県計画の小型クロマグロの漁獲上限量を次のとおり変更します。(単位:トン)

県内配分

*定置漁業は、魚種を選択して漁獲できないことから、突発的なクロマグロの来遊による漁獲の積み上がりに弾力的に対応するため、20道府県が合計580.54トンの漁獲上限量により共同管理を行っています。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課資源管理班

電話番号:043-223-3037

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?