サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 食の安全・安心電子館 > 蜂蜜を原因とする乳児ボツリヌス症について

更新日:平成29(2017)年4月12日

蜂蜜を原因とする乳児ボツリヌス症について

  • 今般、東京都足立区において、乳児に対して離乳食としてジュースに蜂蜜を混ぜて与えたことによる乳児ボツリヌス症による死亡事例が発生しました。
  • なお、本件については、製品に1歳未満の乳児に与えない旨の表示がなされていました。

1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないようにしましょう!

乳児ボツリヌス症について

  • 本症は、乳児特有の疾患です。
  • 本症は、食品中に芽胞として存在しているボツリヌス菌を摂取し、その芽胞が腸管で増殖し、産生された毒素により発症します。

乳児ボツリヌス症の症状について

  • 頑固な便秘、吸乳力の低下、泣き声が弱くなる、筋力低下など。
  • 重症では、呼吸困難、呼吸停止がおこります。

関連情報

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?