サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年4月14日

飼い主のいない猫

飼い猫には、犬のような登録制度がなく、また、屋内飼育や迷子札の装着が徹底されていないため、屋外飼育の飼い猫と、飼い主のいない猫との判別がつきません。このような猫による、庭やゴミ荒らし、糞尿、鳴き声などの迷惑問題が発生しており、少なくとも、飼い猫は屋内飼育に努めるべきですが、ここでは、飼い主のいない猫について考えます。

【関連ページ】猫の屋内飼育

飼い主のいない猫をお世話する場合は・・・

餌を与えるだけの管理では、繁殖などによって、厳しい環境で生活しなければならない猫が増加し、結果、周辺での迷惑問題も大きくなってしまいます。動物の愛護及び管理上好ましくない事態を引き起こさないように、次のことを守ってください。

  1. 不妊・去勢手術を実施し、これ以上増えないようにしましょう。
  2. できるだけ自分の敷地内で餌を与え、後片付けをしましょう。
  3. 糞の始末をしましょう。

さらに、地域住民の方々が活動主体となり、より適正にお世話をすることを「地域猫活動」といい、人と飼い主のいない猫が共生していくための有効な方法のひとつとして、全国的にも注目されています。

地域ねこ活動に関するガイドライン【千葉県健康福祉部衛生指導課発行】

飼い主のいない猫不妊去勢手術

千葉県では、「地域猫活動」に取り組む県内(千葉市・船橋市・柏市を除く)の団体・グループを応募対象として、飼い主のいない猫の数を増やさないために、「飼い主のいない猫不妊去勢手術事業」を実施しています。

【関連ページ】「飼い主のいない猫不妊去勢手術事業実施計画」の募集について

千葉県健康福祉部衛生指導課発表資料

 

ページの先頭へ戻る

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部動物愛護センタ-保護指導課

電話番号:0476-93-5711

ファックス番号:0476-93-5326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?