サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年1月22日

猫の屋内飼育

猫にとって、屋外は交通事故、ウイルスや細菌などの感染症、さらには猫同士のケンカなど危険がいっぱいです。また、糞をしたり、鳴き声をあげるなど、猫にとっては当たり前の行動が、他人の迷惑となって近隣トラブルに発展することもあります。猫を屋内で飼えばこれらのことを防ぐことができます。猫の習性をよく理解し、環境を整えれば、屋内飼育は十分可能です。

人とねこの共生ガイドライン概要版【千葉県健康福祉部衛生指導課発行】

「宣誓!無責任飼い主0(ゼロ)宣言!!」【平成26年9月環境省発行】

屋内飼育の3大メリット

危険を防ぐ

交通事故や感染症、猫同士のケンカ、迷子などを防止できます。

繁殖を防ぐ

望まない妊娠(不妊去勢をしていない場合)、不幸な命の発生を防止できます。

迷惑を防ぐ

庭やゴミ荒らし・糞尿・鳴き声など、周辺への迷惑を防止できます。

努力義務

「千葉県動物の愛護及び管理に関する条例」(平成27年4月1日施行)で、飼い猫の屋内飼育について以下のように規定されました。

【関連ページ】千葉県動物の愛護及び管理に関する条例

(猫の所有者等の遵守事項)第十三条猫の所有者又は占有者は、その猫の健康及び安全を保持し、並びに周辺の生活環境の保全上の支障を生じさせないようにするため、その猫を屋内で飼育し、又は保管するように努めなければならない。

猫の習性と屋内飼育の環境

生殖

猫は交尾排卵動物ですので、不妊去勢手術をせずに屋外飼育すると(野良猫も同様)、頻回に繁殖することが可能であり、1年間で延べ20頭以上も出産できます。繁殖を望まないのであれば、万が一の屋外への脱走も考えて、不妊去勢手術を行いましょう。

排泄

猫はきれい好きで、砂の上に排泄した後に埋めて隠します。大きめの容器(体格の1.5倍以上が適当)に砂を入れて「猫用トイレ」とし、1日1回は砂の交換などの掃除をしましょう。

テリトリー(縄張り)とマーキング(匂い付け)

安心して暮らすための狭いテリトリーと狩り・繁殖のための広いテリトリーがあります。これらの範囲に、猫自身の存在感を示すためにする行為(尿スプレー)がマーキングであり、屋内飼育の猫でもみられることがあります。

  1. マーキングではなく通常の排泄の可能性もあるので、まずは「猫用トイレ」を使用しているか確認してみましょう。トイレが問題の場合は、環境を変えてみるなど試してみましょう。
  2. マーキングの場合は、不妊去勢手術で改善が期待できます。解決しない場合は、動物病院などに相談してみましょう。

爪とぎ

古い爪をはがすため・ニオイ付けのため・ストレス解消のため、といわれており、猫にとって欠かせない習性です。居室で猫を自由にさせていると、柱や畳などをダメにしてしまうこともあるでしょう。

  1. 「爪とぎ器」を用意しましょう。猫によって、好みの素材や設置する場所・角度の好みなどがありますので、色々試してみましょう。

屋内での生活場所

屋内飼育でも、外への脱走・いたずら・災害時など、不安が伴うものです。

  1. 「猫ケージ」に入れて飼う方法があります。猫は縦方向の移動を好む傾向があり、90cm×90cmの3号ケージがお勧めです。当センターでは、下段にトイレ、中段に食事スペース、上段に隠れ場所、を設置しています。時間がある時には、居室などに出して遊んであげましょう。※万が一の屋外への脱走に備えて、首輪+迷子札(マイクロチップお勧め)を装着しましょう。

毛づくろい・毛玉・ブラッシング

猫は暇さえあれば身体をなめて、毛づくろいをします。抜け毛や付着したゴミをきれいにする他、体温調節やリラックスの目的があるといわれています。飲み込んだ抜け毛は、便と一緒に排泄されるか、毛玉として吐き出されるのが、正常な反応です。しかし、これを排出できずに体内でたまってしまうと、便秘・食欲不振などを引き起こしかねません。この際は、動物病院の受診が必要です。

  1. 屋内飼育の猫は、1年中毛が生え換わる傾向があり、適宜、ブラッシングをしてあげましょう。

シャンプー

猫の毛は濡れると乾きにくく、体温を奪われてしまいます。基本的に寒さが苦手な猫にとって、濡れることは嫌いなことが多いです。

  1. 短毛種は半年に一度程度、長毛種は1ヵ月に一度程度のシャンプーで十分です。事後は、よく乾かしてあげる必要があります。

 

ページの先頭へ戻る

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部動物愛護センタ-保護指導課

電話番号:0476-93-5711

ファックス番号:0476-93-5326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?