ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月2日

車検時の自動車税納税証明書の提示が省略可能になりました

これまでは、車検時に納税証明書を用意していただく必要がありましたが、運輸支局において、自動車税の納税情報を確認する仕組みができたため、車検時の納税証明書の提示が省略可能になりました。

納税証明書の提示が必要な場合もありますので、下記の注意事項を必ずお読みください。

平成27年3月以前の取扱い

平成27年4月以降の取扱い

ご注意ください

  • これまでと同様、自動車税・延滞金に未納があれば車検証の交付は受けられません。
  • 運輸支局への納税情報の提供に一定の日数がかかります(※注)。納付した日により、納税証明書の用意が必要な場合がありますので、納税証明書は領収証書とともに大切に保管してください。
    (※注:おおむね納付から2~3週間、市町村窓口で納付した場合は2ヶ月ほどかかる場合もあります。)
  • 自動車税の納付から車検までの間が上記※注の期間内のときは、銀行やコンビニなどで現金で納付の上、納税証明書を用意していただければ、これまでどおり車検証の交付が受けられます。
  • 車検を第三者(業者等)に依頼する場合は、納税証明書の提出(提示)を求められる場合がありますので、依頼先にご確認ください。
  • 軽自動車、バイクについては、これまでどおり納税証明書の提示が必要です。

便利になります(自動車税や延滞金に未納がない場合に限ります。

  • 納税証明書を紛失した場合でも、再発行の手続は必要ありません。
  • 千葉県で課税された自動車が千葉県以外の都道府県に転出した場合でも、納税証明書を用意していただかなくても車検証の交付が受けられます(納税情報は全国の運輸支局で確認できるため)。
  • 減免等を受けている自動車についても、納税証明書の交付申請が不要となりました。

注)いずれの場合も、運輸支局への納税情報の提供に一定の日数がかかる等の事由により、納税証明書の用意が必要な場合がありますので、ご注意ください。

お願い

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課管理・システム班

電話番号:043-223-2064

ファックス番号:043-225-4576

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?