ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年11月14日

ページ番号:399310

令和2年度12月補正予算案について

発表日:令和2年11月13日
総務部財政課

12月補正予算では、新型コロナウイルス感染症の影響が依然として続いていることから、

  • 感染症患者を受け入れる医療機関への更なる支援
  • 冬季の発熱患者の急増に備えた検査体制の確保
  • 所得が減少した世帯への生活福祉資金の積み増し
  • 厳しい経済状況にある中小企業への支援

などに係る経費を計上しました。

〇また、令和元年度の災害により甚大な被害が発生した一宮川流域における浸水対策特別緊急事業について、中流域における対策工事を早期に進めるため、債務負担行為を設定します。

〇そのほか、来年度以降の事業の早期執行を図るための債務負担行為及び適正な工期を確保するための繰越明許費を設定します。

一般会計の予算規模

○補正予算規模
現計予算額

2兆1,009億71百万円

補正額

1,417億30百万円

2兆2,427億 1百万円

[歳出内訳]

新型コロナウイルス感染症対策と経済の活性化  1,417億30百万円
(1)医療提供体制の整備     228億50百万円
(2)生活支援                               84億円
(3)中小企業への支援   1,104億80百万円

[歳入内訳]

  • 国庫支出金  404億90百万円(3,531億17百万円→3,936億 7百万円)
     (緊急包括支援交付金、地方創生臨時交付金、民生費国庫補助金)
  • 諸収入   1,012億40百万円(3,149億18百万円→4,161億58百万円)
     (中小企業振興資金貸付償還金、独立行政法人中小企業基盤整備機構交付金)

補正予算案の内容等詳細については、こちらをご覧ください。

令和2年度12月補正予算案(PDF:891.2KB)

お問い合わせ

所属課室:総務部財政課予算総括・財政改革班

電話番号:043-223-2072

ファックス番号:043-224-3884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?