サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 薬物・毒劇物 > 危険ドラッグ > 無承認無許可医薬品・危険ドラッグ対策事業関係報道発表等一覧 > 医薬品成分を含有する健康食品の発見について(第2報)(平成28年4月13日)

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年2月15日

医薬品成分を含有する健康食品の発見について(第2報)(平成28年4月13日)

発表日:平成28年4月13日

健康福祉部薬務課
電話:043-223-2624

平成28年1月にインターネットを通じて購入した健康食品を千葉県衛生研究所で分析をしたところ、35製品のうち6製品から医薬品成分が検出され、平成28年3月30日に報道発表したところです。また、当時、医薬品類似成分(ホモタダラフィル)が2製品から検出され、厚生労働省に照会していたところ、今般、医薬品成分に該当することが判明しました。

医薬品成分を含有し、経口摂取するものは医薬品と見なされ、承認及び許可を受けずに製造販売することは、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律で禁止されています。

これらの製品による健康被害事例は、現在のところ報告されていませんが、健康被害のおそれが否定できないため、この製品を使用している方は直ちに使用を中止してください。

また、この製品が原因と疑われる症状がある場合には、速やかに医療機関を受診してください。

1 違反品の概要

製品名

内容量

(形状)

検出された

医薬品成分

NYC Pink

15個

(飴状)

ホモタダラフィル

アミノタダラフィル※

NYC

15個

(飴状)

ホモタダラフィル

※平成28年3月30日付けの第1報で公表済

2 製品の写真

  • NYC Pink
  • NYC
    nyc1nyc2nyc3nyc4

3 検出された医薬品成分の概要

ホモタダラフィルについて

国内で医薬品としては承認されていませんが、医薬品成分に該当するものです。

タダラフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生するおそれが否定できません。

(参考)タダラフィルについて

国内では医薬品として承認されています。

適応

  • 勃起不全(シアリス錠)
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害(ザルティア錠)
  • 肺動脈性肺高血圧症(アドシルカ錠)

副作用

頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、等

関連情報

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課監視指導班

電話番号:043-223-2624

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?