ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年8月23日

ページ番号:418963

気候変動に関する情報提供

千葉県における気温等の変化と将来予測

現在までの気温等の変化

 日本の年平均気温は100年あたり1.26℃の割合で上昇、1990年以降に高温となる年が頻出しており、千葉県(銚子気象台)においても、100年あたり1.2℃の割合で上昇しています。
 また、千葉県(銚子気象台)の真夏日と熱帯夜は増加傾向にあり、一方で冬日は減少傾向となっています。

▲:観測場所の移転により、その前後でのデータは均質でない、×:欠測等によりデータがない

銚子地方気象台の年平均気温の経年変化

銚子地方気象台の年平均気温の経年変化
出典)気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)

銚子気象台の真夏日日数の経年変化

銚子気象台の真夏日日数の経年変化
出典)気象庁HPのデータをもとに、千葉県作成

参考(階級別日数)
・猛暑日:日最高気温35℃以上の日
・真夏日:日最高気温30℃以上の日
・夏日   :日最高気温25℃以上の日
・冬日   :日最低気温0℃未満の日
・熱帯夜:夜間の日最低気温が25℃以上のこと
    (本ページでは、日最低気温25℃以上の日を熱帯夜として扱う)

将来予測

 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告によると、現状を上回る温暖化対策をとらなかった場合(RCP8.5シナリオ)、21世紀末(2081~2100年)の世界の平均気温は、20世紀末(1981~2000年)と比較して2.6~4.8℃上昇する可能性が高いと予測されており、千葉県においても、最大で3.5℃~6.4℃上昇すると予測されています。

千葉県における将来の年平均気温
画像をクリックすると拡大表示します(PNG:293.5KB)

千葉県における将来の年平均気温
出典)気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)

 

 また、気温の上昇に伴い、千葉県(銚子市)では、猛暑日が100年で10日、真夏日が約60日、夏日・熱帯夜が約70日増加すると予測されています。

千葉県(銚子市)の階級別日数の将来気候における変化

千葉県(銚子市)の階級別日数の将来気候における変化現在(平年値):1981年~2010年、将来気候:2076~2095年
出典)東京管区気象台, 「気候変化レポート 2018-関東甲信・北陸・東海地方-」

千葉県における降水量等の変化と将来予測

現在までの降水量の変化

 日本の年降水量に、長期的な変化傾向は見られませんが、大雨(日降水量200mm以上)の日数や短時間強雨(1時間降水量50mm以上)の発生回数は有意に増加しており、一方で、雨の降る日数(日降水量1.0mm以上の日)は有意に減少しています。

日降水量200mm以上の大雨の年間日数の経年変化

日降水量200mm以上の大雨の年間日数の経年変化

1時間降水量50mm以上の短時間強雨の年間発生回数の経年変化

1時間降水量50mm以上の短時間強雨の年間発生回数の経年変化
出典)気象庁, 「気候変動監視レポート2020」

参考(雨の強さと降り方)
・1時間降水量30~50mm未満:バケツをひっくり返したように降る雨(激しい雨)
・1時間降水量50~80mm未満:滝のように降る雨(非常に激しい雨)
・1時間降水量80mm以上:息苦しくなるような圧迫感がある雨(猛烈な雨)

 

 また、千葉県においても、短時間強雨の発生回数は増加しており、1999年10月27日には千葉県香取地域で1時間降水量153mmと観測史上最大となりました。

県内13地点における1時間降水量50mm以上の年間発生回数の経年変化

県内13地点における1時間降水量50mm以上の年間発生回数の経年変化
出典)気象庁HPのデータをもとに、千葉県作成

将来予測

 気象庁によると、現状を上回る厳しい温暖化対策をとらなかった場合(RCP8.5シナリオ)、21世紀末(2076~2095年)の大雨及び短時間強雨の発生頻度は、20世紀末(1980~1999年)と比較して、全国平均で約2.3倍増加し、一方で、雨の降らない日数(日降水量1.0mm未満の日)も約8.2日増加すると予測されています。
 千葉県においても、県内平均による短時間強雨の年間発生回数が100年で約3倍に、雨の降らない日も約10日増加すると予測されています。

千葉県の 1 時間降水量 50mm以上の発生回数の将来気候における変化

千葉県の 1時間降水量 50mm以上の発生回数の将来気候における変化

千葉県の無降水日数の将来気候における変化

千葉県の無降水日数の将来気候における変化

出典)東京管区気象台, 「気候変化レポート 2018-関東甲信・北陸・東海地方-」

動画の配信について

 千葉県環境研究センター(千葉県気候変動適応センター)では、県民に環境や環境問題への理解を深めてもらうことを目的として、YouTubeにチャンネルを開設しています。
 国立環境研究所へのインタビュー動画など、気候変動に関する動画についても配信していますので、よろしければ、環境情報チャンネル【千葉県環境研究センター】外部サイトへのリンクよりご覧ください。

 

サムネイル(国立環境研究所インタビュー)

国立環境研究所 気候変動適応センター
向井人史センター長 インタビュー外部サイトへのリンク

啓発物資等の作成について

啓発冊子の発行

 千葉県環境研究センター・環境だより 通算24号(令和2年10月発行)
「千葉県気候変動適応センターを設置しました!」(PDF:792.2KB)

※千葉県環境研究センター(千葉県気候変動適応センター)では、研究・調査等の結果、様々な関心の高い環境問題や環境科学等の解説、環境ニュースのタイムリーな形での提供のほか、環境関連の用語解説、環境技術の紹介、環境団体等の取組紹介、新たな環境関連法の解説など、様々なニーズへの対応を図り、県民の皆様や関係の方々にご活用いただくことを目的として、「千葉県環境研究センター・環境だより」を発行し、HPに掲載しています。
 その他の環境だよりについては、千葉県環境研究センター・環境だよりのページをご覧ください。


学習用パネルの作成

学習用パネル「気候変動について知ろう!」 学習用パネル「気候変動について知ろう!」

※パネルは貸出可能です。希望する方は、千葉県環境研究センター企画情報室までご相談ください。詳細は、学習用機材等貸出の概要をご参照ください。

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部環境研究センター企画情報室

電話番号:0436-24-5309

ファックス番号:0436-21-6810

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?