ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 水質・地質 > 地盤沈下 > 地盤沈下に関する研究 > 地震・液状化および地盤変動関係

更新日:平成30(2018)年4月6日

地震・液状化および地盤変動関係

地層の液状化現象に関する調査研究

千葉県の地質の特殊性に起因する、地震時におこりやすい地質災害である地層の液状化とそれに伴う地盤沈下現象の機構を解明し、千葉県の地質と地層の液状化現象についての法則性を解明することによって、地層の液状化予測・液状化防止対策、液状化しにくい人工地層作りの基礎資料とします。

地震と地質環境に関する研究

地震動観測を行い、これら観測記録の収集整理・解析を行うことにより、県内の地質震動特性を明らかにします。また、地震時の地震動区分図を作成し、地震時の地質環境被害軽減を目指すなど、地震に強い地質環境保全に貢献します。

また、データの活用を図り、研究等の推進を図るためデータの整備を進めています。

活地質構造・地質構造・地質層序に関する調査研究

房総半島の地質構造を明らかにし、その中での活地質構造を見出すことによって、地震との関係及び地殻変動(自然原因の地盤変動)を明らかにする。また、地質層序を確立し、これら地質構造の形成過程とくに活地質構造の形成過程を明らかにしていきます。これらは、地質環境被害防止や地下水盆管理のための基礎資料となります。

また、直下型などの地震による被害を最小限にするため、活構造の分布と活動の履歴を明らかにするとともに活構造の評価方法を検討します。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部環境研究センター地質環境研究室

電話番号:043-243-0261

ファックス番号:043-243-0263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?