ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年1月24日

ページ番号:345031

鎌ケ谷都市計画道路に関する千葉県都市計画公聴会の開催結果について

鎌ケ谷都市計画道路を変更するにあたり、令和元年10月5日に公聴会を開催しました。

そこで、8名の方から公述があり、その要旨と県の考え方を次のとおり取りまとめました。

今後、いただいたご意見を参考にさせていただき、都市計画の案を作成していきます。

ご協力ありがとうございました。

1.案の概要の縦覧及び公述申出期間

  • 令和元年9月10日(火曜日)から24日(火曜日)まで

2.公聴会

  • 開催日時:令和元年10月5日(土曜日)午後2時から
  • 開催場所:鎌ケ谷市東部学習センターレインボーホール
  • 公述人数:8名

3.公述の要旨とそれに対する県の考え方

公述の対象:都市計画道路の変更

  公述の要旨 県の考え方

都市計画道路の位置・構造について

国道464号と県道船橋我孫子線(県道8号線)が交差する鎌ケ谷消防署前交差点において、南北に車両の通行ができなくなったら住民としても大変不便である。

また、数年前の新鎌ケ谷の区画整理や、県道8号線の整備には地主が協力した経緯があり、県道8号線沿いには店舗が立地しているが、南北通行ができなくなることで、店舗はどこかに移転してしまう。

よって、南北に車両の通行ができるままにしてもらいたい。

鎌ケ谷市都市計画マスタープランにおいて、都市計画道路船橋我孫子バイパス線は、市街地外郭幹線として位置づけられ、都市計画道路中沢鎌ケ谷線などと一体となり環状を形成し、中心市街地の発生集中交通を円滑に北千葉道路などの幹線道路へ誘導するとともに、県道船橋我孫子線などの幹線道路の渋滞緩和を目的として、計画・整備されています。

今回の計画においては、このマスタープランとの整合を図り、船橋我孫子バイパス線に平面交差点を設けることとし、県道船橋我孫子線については、国道464号と左折出入りとする計画としました。

なお、国道464号と船橋我孫子バイパス線及び県道船橋我孫子線(県道8号線)との交差点が近接しているため、両交差点ともに南北に車両通行を可能とすると、安全性や円滑な交通を確保する面で課題があります。

南北に車両の通行が困難な場合には、歩行者と自転車を通行できるよう地下道等を整備してもらいたい。

歩行者などの北千葉道路の横断については、各交差点での平面横断を基本として計画しています。

また、必要に応じて、通学路などには立体横断施設を計画することとしています。

なお、意見のあった箇所の横断施設については、今後、交差道路側の対策として沿線市や地元の意見を伺いながら、検討していきます。

 

お問い合わせ

所属課室:県土整備部都市計画課都市計画班

電話番号:043-223-3376

ファックス番号:043-222-7844

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?