ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > ちばの水産の概要 > 「千葉県水産総合研究センター施設の再編整備計画」の策定について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月26日

「千葉県水産総合研究センター施設の再編整備計画」の策定について

発表日:平成31年3月25日

千葉県農林水産部水産局水産課

県では、水産総合研究センターの機能強化に向け、昨年11月に策定した「基本構想」を実現するため、今般「千葉県水産総合研究センター施設の再編整備計画」を策定しました。本計画により、水産総合研究センターの試験研究業務の高度化、種苗生産業務の効率化を進め、これからの時代の水産業をしっかりと支えていきます。

1.計画の概要

試験研究業務の高度化、種苗生産業務の効率化を進める。

(1)本所(南房総市千倉町):県水産研究の拠点

  • ICTや遺伝子情報を活用した研究、流通加工研究及び疾病検査の拠点

(2)東京湾漁業研究所(富津市):東京湾漁業研究の拠点

  • ノリの新品種開発、二枚貝の増産研究、漁場環境データの解析

(3)内水面水産研究所(佐倉市):内水面水産研究・アユ種苗生産の拠点

  • 遺伝子情報を活用した資源調査、国内未侵入疾病の検査
  • アユ種苗生産の一元化[アユ種苗生産を勝浦から移転]

(4)種苗生産研究所富津生産開発室(富津市):海産魚類種苗生産・研究の拠点

  • 魚類種苗生産・研究の集約化[マダイ種苗生産を勝浦から移転]

(5)種苗生産研究所勝浦生産開発室(勝浦市):種苗中間育成の拠点として再構築

  • 水産振興公社の事業拠点[マダイ親魚養成、ヒラメ中間育成など継続]

(6)水産振興公社白浜事業所(南房総市白浜町):アワビ種苗生産の拠点

  • アワビ種苗生産の集約化[アワビ種苗生産を本所から移転]

2.試験研究の機能強化に向けた取組

(1)機能強化に向けた基本構想(平成30年11月15日策定)の概要

  1. 今後の試験研究の方向性(重点的な取組)
    生産力の強化やブランド化、水産資源の維持・増大、漁場環境変動への対応
  2. 効率的・戦略的な試験研究体制の構築
    最先端技術の導入による試験研究の高度化、研究施設の再編整備等による効率的な研究体制の構築

(2)「基本構想」及び「再編整備計画」の策定スケジュール

年月

内容

平成30年8月

基本構想案に関する意見公募の実施

10月

千葉県水産振興審議会に基本構想案を諮問

11月

基本構想の策定

平成31年1月

再編整備計画案の公表

 

再編整備計画案の水産団体、関係市町等への説明

3月

再編整備計画の策定

3.関連資料

4.参考

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産課企画指導室

電話番号:043-223-3041

ファックス番号:043-221-3425

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?