ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 水質・地質 > 地盤沈下 > 地盤沈下防止への取組 > 天然ガスかん水の採取に伴う地盤沈下の防止の取組み

更新日:平成31(2019)年4月11日

天然ガスかん水の採取に伴う地盤沈下の防止の取組み

1.地盤沈下の防止に関する協定の概要

天然ガス採取に伴う地盤沈下を防止するために、昭和48年に九十九里地域及び千葉地域の天然ガス採取企業と県の間で地盤沈下防止協定を締結し、天然ガス井戸の削減を実施してきました。

その後、昭和56年1月に、成田地域の企業を加えて天然ガスかん水の地上排水量の削減を骨子とする協定に全面改定し、5年ごとに地上排水量の限度量を設定する「地盤沈下の防止に関する細目協定」を締結してきました。

なお、この協定に基づく細目協定は5年毎に改定しており、平成28年4月から4年9か月間の新たな細目協定を平成28年3月30日に締結しました。

2.協定の内容

協定の骨子

  • 本協定と細目協定の2本立てとする。
  • 規制方式は、天然ガスかん水の地上排水限度量方式とし、細目協定において天然ガス開発地区ごとに地上排水量(細目協定値)を設定し、細目協定期間内にこの量を達成させる。
    (地上排水量=揚水量-地下還元量)
  • 新規天然ガス井戸の掘削については、千葉県が設定した「天然ガス井戸設置基準」に基づき審査する。

天然ガス井戸設置基準の概要

次の区域内では新たな開発はできないものとした。

  • <1>市街地
  • <2>両総用水路、房総導水路等から250m以内の区域
  • <3>海岸線から500m以内の区域
  • <4>標高5m未満の区域
  • <5>年間沈下量が2cmを超える区域

現行細目協定の目標

  • <1>年間沈下量2cm以上の地域をなくす。
  • <2>九十九里地域で標高5m未満の地域(平野部)においては4年間の累計沈下量が3cmを超える地域をなくす。

細目協定締結企業(9社)

AGC株式会社、伊勢化学工業株式会社、関東天然瓦斯開発株式会社、株式会社合同資源、国際石油開発帝石株式会社、日宝化学株式会社、日本天然ガス株式会社、株式会社冨士ボーリング、三井化学株式会社

3.天然ガスかん水の揚水量等の推移

千葉県では、約1,000本のガス井戸が掘削されており、そのほとんどは九十九里地域にあります。

かん水の揚水量、ガス生産量とも昭和46年に最も多くなり、その後地盤沈下を防止するために締結された協定等により減少してきましたが、近年はかん水の揚水量は漸減,ガス生産量はほぼ横這いの状況にあります。

天然ガスかん水の揚水量等の推移グラフ

(拡大)(JPG:171KB)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課地盤沈下対策班

電話番号:043-223-3822

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?