サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月16日

高度浄水処理について

柏井浄水場の水源は利根川と印旛沼です。このうち印旛沼は水質の悪化により昭和40年代半ば以降かび臭問題が発生したため、粉末活性炭注入で対応しておりましたが、完全にかび臭を除去することはできませんでした。

このため、水道局ではかび臭の除去方法についての研究開発をすすめ、オゾンの酸化力と粒状活性炭の吸着力を併用することによって、かび臭を完全に除去できることが確かめられたことから、建設計画のあった柏井浄水場の東側施設に、オゾン処理施設と粒状活性炭処理施設を導入し、全国に先駆けて高度浄水処理を開始しました。

千葉県水道局では柏井浄水場東側施設のほかに、平成5年6月から稼動した福増浄水場や平成19年10月から稼働したちば野菊の里浄水場で高度浄水処理を行っています。

高度浄水処理の仕組みをわかりやすく説明すると以下のとおりです。

オゾン接触池

においのある水をオゾンに通すと、においの素が分解されます

オゾン接触池の図

活性炭吸着池

オゾンで分解しても残っているにおいの素が活性炭にくっついて、取り除かれます

活性炭吸着池の図

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部浄水課水質管理班

電話番号:043-211-8673

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?