ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > アルコール健康障害対策について

更新日:平成30(2018)年7月25日

アルコール健康障害対策について

アルコール健康障害とは

酒類に関する伝統と文化が国民の生活に深く浸透している一方で、体質的にアルコールに弱く少量の飲酒で強く影響を受けてしまう人も数多く存在するため、不適切な飲酒は生活習慣病やアルコール依存症などのアルコール健康障害の原因となっています。そして、アルコール健康障害は、本人の健康の問題であるだけでなく、その家族への深刻な影響などを生じさせる危険性が高いことから、アルコール健康障害対策に関し、平成26年6月に「アルコール健康障害対策基本法」が施行され、基本理念が定められました。

アルコール健康対策基本法第2条では、アルコール健康障害について「アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害」と定めています。

アルコール健康障害対策基本法

アルコール健康障害の発生、進行及び再発の各段階に応じた防止対策を適切に実施するとともに、アルコール健康障害を有し、又は有していた者とその家族が、日常生活および社会生活を円滑に営むことができるように支援することを基本理念としています。

アルコール健康障害対策基本法(PDF:205KB)

アルコール健康障害対策推進基本計画

政府は、アルコール健康障害対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、アルコール健康障害対策の推進に関する基本的な計画として、「アルコール健康障害対策推進基本計画」を策定しました。

アルコール健康障害対策推進基本計画(PDF:281KB)

千葉県アルコール健康障害対策推進計画

県では、国のアルコール健康障害対策推進基本計画を基本とし、県の実情に即したアルコール健康障害対策を計画的、総合的に推進していくため、「千葉県アルコール健康障害対策推進計画策定協議会」を設置し、「千葉県アルコール健康障害対策推進計画」を策定します。

千葉県アルコール健康障害対策推進計画策定協議会

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課精神保健福祉推進班

電話番号:043-223-2680

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?