ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年5月15日

ページ番号:4710

千葉県肝炎治療特別促進事業の主な制度改正について

これまでに行われた、千葉県肝炎治療特別促進事業の主な制度改正については以下のとおりです。

現在とは取扱いが異なる場合もありますので、最新の情報については千葉県肝炎治療特別促進事業実施要綱(PDF:2,040KB)をご確認ください。

1.平成27年12月における肝炎治療特別促進事業の変更点

C型慢性疾患に対するインターフェロンフリー治療不成功後のインターフェロンフリー治療(インターフェロンフリー再治療)が平成27年12月1日以降に治療開始したものについて助成対象となりました。(平成27年12月21日から受付開始)

申請の際は、様式2-8にて申請していただきますようお願いいたします。

なお、その際は指定医療機関の主治医とよくご相談ください。

2.平成28年5月における肝炎治療特別促進事業の変更点

核酸アナログ製剤治療費助成の更新申請時に係る診断書の取扱いについて変更しました。

  • 更新用の診断書(様式2-4)の記載条件を緩和しました。

これまで規定していた診断書の有効期間(3カ月以内)を削除し、診断書に記載する検査結果は「直近の認定・更新時以降」で可能とします。

診断書について(様式2-4)(PDF:80KB)

  • 更新用の診断書(様式2-4)に代わり、「直近の認定・更新時以降に行われた検査内容・治療内容が分かる資料」の提出で可能とします。

「直近の認定・更新時以降に行われた検査内容・治療内容が分かる資料」について(PDF:57KB)

※有効期間を過ぎてからの申請は「新規申請」扱いとなり、診断書による申請となりますのでご注意ください。

3.平成28年9月における肝炎治療特別促進事業の変更点

セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療ヴィキラックス配合錠(オムタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤)及びレベトールカプセル(リバビリン)併用療法が助成対象となりました。(平成28年9月28日追加)

※当該療法に係る注意点

  • 適用対象は、C型慢性肝炎であること。(代償性肝硬変は対象外)
  • 投与期間は、16週間であること。
  • 併用可能なリバビリン製剤は、レベトールカプセルのみであること。

この医療給付の申請については、特例的な取扱いとして、平成29年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成28年9月28日まで遡って受給を受けることが可能です。

当該療法による交付申請にあたって、現行の様式2-7「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(新規)」又は様式2-8「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(再治療)」において、「治療内容」欄中に当該療法を記入してください。

なお、認定基準、診断書が作成できる医師の要件、インターフェロンフリー再治療の取扱いについては従前のとおりです。

4.平成28年11月における肝炎治療特別促進事業の変更点

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝疾患に対するインターフェロンフリー治療エレルサ錠(エルバスビル)及びグラジナ錠(グラゾプレビル水和物)が助成対象となりました。(平成28年11月18日追加)

この医療給付の申請については、特例的な取扱いとして、平成29年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成28年11月18日まで遡って受給を受けることが可能です。

当該療法による交付申請にあたって、現行の様式2-7「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(新規)」又は様式2-8「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(再治療)」において、「治療内容」欄中に当該療法を記入してください。

なお、認定基準、診断書が作成できる医師の要件、インターフェロンフリー再治療の取扱いについては従前のとおりです。

5.平成29年2月における肝炎治療特別促進事業の変更点

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝疾患に対するインターフェロンフリー治療薬であるジメンシー配合錠(ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩配合錠)及びB型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤であるベムリディ錠(テノホビルアラフェミナミドフマル酸塩錠)が助成対象となりました。(平成29年2月15日追加)

この医療給付の申請については、特例的な取扱いとして、平成29年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成29年2月15日まで遡って受給を受けることが可能です。

  • ジメンシー配合錠による治療に対する申請の際は、様式2-7にて申請していただきますようお願いいたします。

当該療法による交付申請にあたって、現行の様式2-7「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(新規)」又は様式2-8「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(再治療)」において、「治療内容」欄中に当該療法を記入してください。

  • ベムリディ錠による治療に対する申請の際は、様式2-3、様式2-4にて申請していただきますようお願いします。

現行様式での「治療内容」中の「テノホビル」として取り扱います。

6.平成29年3月における肝炎治療特別促進事業の変更点

セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しない患者のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するソホスブビル及びリバビリン併用療法が助成対象となりました。(平成29年3月24日追加)

この医療給付の申請については、平成29年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成29年3月24日まで遡って受給を受けることが可能です。

当該療法による交付申請にあたっては、以下を参照してください。

診断書の記載方法について(PDF:111KB)

7.平成29年11月における肝炎治療特別促進事業の変更点

C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するインターフェロンフリー治療薬であるグレカプレビル水和物/ピブレンタスビル配合剤(マヴィレット配合錠)が助成対象となりました。(平成29年11月22日追加)

この医療給付の申請については、特例的な取扱いとして、平成30年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成29年11月22日まで遡って受給を受けることが可能です。

当該療法による交付申請にあたって、現行の様式2-7「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(新規)」又は様式2-8「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(再治療)」において、「治療内容」欄中に当該療法を記入してください。

  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎の投与期間は8週間(C型慢性肝炎に対する前治療歴に応じて投与期間は12週間とすることができる)
  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のC型代償性肝硬変の投与期間は12週間
  • セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しないC型慢性肝炎・代償性肝硬変の投与期間は12週間

診断書の記載方法について(PDF:110KB)

8.平成30年2月における肝炎治療特別促進事業の変更点

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎及び代償性肝硬変に対する治療薬であるレジパスビル/ソホスブビル配合錠(ハーボニー配合錠)がセログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎及び代償性肝硬変への治療に対しても助成対象となりました。(平成30年2月16日追加)

この医療給付の申請については、特例的な取扱いとして、平成30年3月31日までに申請した方について、認定された場合は平成30年2月16日まで遡って受給を受けることが可能です。

当該療法による交付申請にあたって、現行の様式2-7「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(新規)」又は様式2-8「千葉県肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の認定に係る診断書(再治療)」において、「治療内容」欄中に当該療法を記入してください。

申請様式については、千葉県肝炎治療特別促進事業のページでご確認ください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病審査班

電話番号:043-223-2575

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?