ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 新エネルギー産業の振興 > 京葉臨海コンビナートについて > 「京葉臨海コンビナート カーボンニュートラル推進協議会」の設立について

報道発表案件

更新日:令和5(2023)年1月18日

ページ番号:548117

「京葉臨海コンビナート カーボンニュートラル推進協議会」の設立について

発表日:令和4年11月11日
商工労働部産業振興課

※第1回協議会は終了しました。開催結果は下記のページで公開しています。

第1回京葉臨海コンビナート カーボンニュートラル推進協議会の開催結果について

素材・エネルギー産業が集積する日本最大のコンビナートであり、かつ、本県経済の要となる京葉臨海コンビナートのカーボンニュートラルを推進するため、国、県、関係市、立地企業、有識者で構成する「京葉臨海コンビナート カーボンニュートラル推進協議会」を、11月24日木曜日に新たに設立します。

1.第1回協議会

  1. 日時 令和4年11月24日木曜日午後2時から
  2. 場所 TKPガーデンシティ千葉 4階「コンチェルト」(千葉市中央区問屋町1-45 千葉ポートスクエア内)
  3. 内容
    1. 協議会設立の趣旨説明及び今後の協議会運営等に係る協議
    2. 国、有識者による講演
    3. 意見交換

2.協議会の概要

  1. (1)目的
    京葉臨海コンビナートの国際競争力を堅持しつつ、日本をリードするカーボンニュートラルコンビナートへの転換を図るため、行政・立地企業等が連携した先進的な取組を推進する。
  2. 設立時の構成(案)
    • 会長:千葉県知事
    • 立地企業:鉄鋼、石油精製、石油化学、電気・ガス(11社)
    • 関係市:千葉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市
    • 国:経済産業省 関東経済産業局・国土交通省 関東地方整備局
    • 有識者:
      • 辻 佳子(つじ よしこ)氏(東京大学教授、化学工学会地域連携カーボンニュートラル推進委員会委員長)
      • 松野 泰也(まつの やすなり)氏(千葉大学教授)
  3. 取組の方向性
    脱炭素エネルギー、炭素・資源循環、エネルギー最適化など、コンビナートのカーボンニュートラルに資するテーマについて、企業ニーズの把握・調整に努めながら、業種を超えた企業間連携の取組を推進していく。

3.傍聴について

  1. 会議はどなたでも傍聴することができます。
  2. 傍聴を希望される方は、11月18日金曜日午後5時までに、氏名、連絡先(メールアドレス)明記のうえ、次の宛先へメールにてご連絡ください。件名は「京葉臨海コンビナート カーボンニュートラル推進協議会(第1回)傍聴希望」としてください。[宛先] sangyo-k@mz.pref.chiba.lg.jp
    感染症対策により座席の間隔を確保しており、席数に限りがあるため、希望者多数の場合は、抽選とさせて頂きます。11月22日火曜日に希望者全員に傍聴の可否をメールにてご連絡します。
  3. 会議結果の概要は、後日、県のサイトに掲載する予定です。
  4. 会場における、写真撮影、録画、録音等はご遠慮ください。
  5. その他、事務局の指示に従ってください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業企画室

電話番号:043-223-2719

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?