ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業への技術開発支援 > 産業支援技術研究所 > 報道発表資料一覧-産業支援技術研究所 > 千葉県産業支援技術研究所・千葉大学との共同研究成果が特許登録されました!

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年4月15日

ページ番号:431182

千葉県産業支援技術研究所・千葉大学との共同研究成果が特許登録されました!

発表日:令和3年4月14日
商工労働部産業支援技術研究所

産業支援技術研究所では、千葉大学と共同で進めてきた「光触媒」に関する研究の成果を平成29年4月に特許として共同出願していましたが、 このたび特許登録が認められました。
この発明は、簡易に性能の高い光触媒が製造できる方法であることから、空気や水の 浄化装置等に利用することで効果が期待できます。
県では、この特許を保有し、県内企業に利用いただきながら、産業の振興を図ってまいります。

1.発明の名称とその概要

(1)発明の名称

「酸化チタンを含む光触媒の製造方法」

(2)特許登録日

令和3年2月15日(特許 第6837642号)

(3)発明の内容

メカニカルコーティング法で作成したチタンコーティングに化学的な処理(酸化処理など)を施すことで、分解性能に優れた光触媒を簡易的な方法で製造できます。

2.特許権者

 千葉県、国立大学法人 千葉大学(平成26年度から平成28年度までの研究成果)

補足・参考

補足1「光触媒」

光触媒は、光があたると表面に強い酸化作用が発生し、有害化合物や細菌・ウイルスなどを分解するという作用をもっているため、大気浄化、水質浄化、抗菌など幅広い用途に応用できます。

補足2「メカニカルコーティング」

 金属粉末とセラミックスボールとの摩擦と衝撃による金属膜の生成方法。簡易な方法で、大型の製造装置が不要などの特徴があります。

 参考

 今まで産業支援技術研究所が権利化した特許は12件です。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所

電話番号:043-231-4325

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?