ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月3日

芳澤幸二

職種:竹かご・ざる製造工

竹細工の造形づくりや編み上げの技能に高い評価

芳澤幸二氏写真(経歴)
〔よしざわこうじ〕
昭和25年生
昭和40年、石川島播磨重工業に入社。昭和47年、株式会社たんざわに入社。昭和52年、八木澤祐三(基石)を師として竹細工を修行し、芳澤竹工房を創業、現在に至る
印旛郡栄町在住

長年竹工房を営み、真竹や女竹、茅葺(かやぶき)屋根で使用していた「すす竹」を用いて、手で丹念に編み上げて、かご等を製作します。
熟練した技で編み上げられた竹細工の美しさ、しなやかさは、竹の持つ独特な味わいをかもし出し、華道や茶道に使用され高い評価を得ています。
また、当該竹細工は、県内でも希少であり、千葉県の伝統工芸品にも指定されています。

作品

作品

かごの製作風景

かごの製作風景

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業人材課技能振興班

電話番号:043-223-2762

ファックス番号:043-221-3730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?