ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月3日

教えてちばの恵み

れんこん

れんこんイメージ画像

筑前煮などの煮物、きんぴら風に炒める、油で揚げる、ゆでて酢ばすなどがお勧めです。

千葉県内の主なれんこん産地

成田市、長南町

れんこんの旬

イメージ画像
イメージ画像
旬月

千葉県産れんこんは、7月中旬から8月中旬が旬です。

れんこんの上手な保存方法

ラップに包むか、ぬれ新聞に包んで乾燥しないようにして冷蔵庫の野菜室に保存します。

おいしいれんこんの選び方

  • 自然な淡黄色で、ふっくらとしているもの
  • 節が少なくまっすぐなもの
  • 持った時に重量感があるもの
  • 表面がカサカサしていないもの
  • しっとり感があるもの
  • 切り口の断面が褐変していないもの
  • 穴の大きさが揃っていて、中が黒くなっていないもの

検見川で発見された古代の「大賀はす」

大賀ハスイメージ画像千葉市花見川区の東大検見川グラウンドで発見された2000年以上昔の古代はすの種子は見事に発芽し美しい花をつけました。
その後県内各地の公園などで栽培されています。
発見者の名から「大賀はす」と名付けられました。
現在の食用はすと比べると根が非常に細く、食用には適しませんが、本県は古代からはすの生育に適していたといえます。
写真は千葉公園の大賀はすの花(写真提供:千葉市)

れんこん調理のポイント

はすには鉄分が含まれるため、切り口が空気に触れると赤褐色に変化します。
皮をむいたら酢水に浸すと変色を防げます。

  • 「教えてちばの恵み」facebookページ
  • 千葉県産農林水産物が買えるお店

お問い合わせ

所属課室:農林水産部流通販売課販売・輸出促進室  

電話番号:043-223-3085

ファックス番号:043-227-8307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?