ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年11月7日

教えてちばの恵み

チンゲンサイ

チンゲンサイイメージ画像

中華料理の炒め物、あんかけ、クリーム煮、お浸し、和え物など多様です。
彩りも栄養バランスもよい野菜です。

チンゲンサイ、柏市で最初に栽培確立

チンゲンサイは1970年代に日中国交回復の頃に広まり、柏市で最初に栽培が確立されました。
当初は青軸、パクチョイなどと呼ばれていましたが、農林水産省が新規購入野菜の名称統一をしたとき、青軸をチンゲンサイ、白軸をパクチョイとしました。
最近は大株のものから、ミニチンゲンサイまで大きさのラインナップが広がっています。

千葉県内の主なチンゲンサイ産地

チンゲンサイイメージ画像柏市、銚子市、旭市、千葉市

チンゲンサイの旬

イメージ画像
イメージ画像
旬月

千葉県産チンゲンサイは、10月~4月中旬が出回り期です。

チンゲンサイの上手な保存方法

チンゲンサイイメージ画像ポリ袋に入れて口を結び、冷蔵庫の野菜室で保存します。

おいしいチンゲンサイの選び方

  • 茎は淡緑色で幅広く根元までピンとしているもの
  • 葉先までハリがあってシャキッとし、葉の色が鮮やかな緑色で厚みのあるもの
  • 葉の幅が広く、ツヤのあるもの

チンゲンサイ調理のポイント

ちんげんさいイメージ画像アクやくせが少ないチンゲンサイは、色々な料理に合いますが、チンゲンサイは、やはり歯応えの良さが命。
そのためのポイントは熱を加えすぎないこと。
ちょっと早いかな?と思うところで火から降ろして、しゃきしゃき感を楽しんでください。

「教えてちばの恵み」facebookページ

千葉県産農林水産物が買えるお店

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部流通販売課販売・輸出促進室  

電話番号:043-223-3085

ファックス番号:043-227-8307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?