サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > スポーツイベント > 東京2020オリンピック・パラリンピック > 東京オリンピック・パラリンピック大会に関連する県関係の総経費(試算)について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年1月25日

東京オリンピック・パラリンピック大会に関連する県関係の総経費(試算)について

発表日:平成31年1月24日
環境生活部
オリンピック・パラリンピック推進局
開催準備課

東京オリンピック・パラリンピックに係る県関係の総経費は、平成31年度当初予算編成等を踏まえ、あらためて試算した結果、引き続き180億円の範囲内となる見込みです。
具体的には、30年度までの執行見込額63億円や、31年度当初予算案計上額78億円などを踏まえると、32年度までの執行見込額は165億円となり、さらに今後の支出の上振れ等に対応する予備費として15億円を見込んでいます。

1.総経費の概要(平成26~32年度)

(1)大会に密接に関連する経費…21億円

  1. 聖火リレー、大会に併せたイベントの実施等(12憶円)
  2. 都市ボランティア、警備対策等(9億円)

(2)その他関連経費…144億円

(大会開催の有無にかかわらず行う本来業務や、大会を契機に新たに開始した事業)

  1. 大会開催に伴い前倒し実施する施設整備等(58億円)
    • 幕張メッセの大規模改修や自然公園整備等
  2. 国際大会・キャンプ誘致等(53億円)
    • 総合スポーツセンターの改修やオリパラ関連施設整備市町村貸付金
    • 国際大会・キャンプの誘致・受入やアスリート強化支援
  3. 受入体制の整備等(33億円)
    • バリアフリー化の推進や観客・観光客受入体制整備等

(1)+(2)=165億円

(3)今後の支出の上振れ等への対応(予備費)…15億円

合計(1)+(2)+(3)=180億円

2.昨年度との主な比較(平成31年1月時点)

昨年度との主な比較(平成31年1月時点)(PDF:67KB)

3.県関係の総経費における財源

県関係の総経費における財源(PDF:41KB)

【参考】平成31年度当初予算案記者発表資料における関連事業

平成31年度当初予算案記者発表資料における関連事業(PDF:179KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部オリンピック・パラリンピック推進局開催準備課戦略推進班

電話番号:043-223-2449

ファックス番号:043-222-5716

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?