更新日:令和2(2020)年3月10日

ここから本文です。

東京2020大会の交通対策

交通対策の概要

大会期間中は、道路や鉄道の交通混雑が懸念されています。そのため、円滑な大会運営と都市活動の両立を図る目的で、様々な取組を組み合わせた交通対策の検討を進めています。

 

(参考)東京2020大会の輸送に関する計画等

各種取組

2020TDM推進プロジェクト

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、内閣官房が交通需要マネジメント(TDM)の取組を進めるために立ち上げたプロジェクトです。参加すると、大会時の混雑予測情報などをいち早く確認できるようになります。

首都高速道路の料金施策

昼間はマイカー等を対象に1,000円を上乗せ、深夜はETC車を全線・全車種を半額にして交通量をシフトさせる取組です。

会場周辺の交通規制等

会場周辺では必要に応じた交通規制や会場付近の通過交通に対して迂回案内を実施します。

幕張メッセ周辺の交通規制等

釣ヶ崎海岸周辺の交通規制等

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部オリンピック・パラリンピック推進局開催準備課会場整備班

電話番号:043-223-2368

内線:2368

ファックス番号:043-222-5716

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?