ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林水産政策 > 農林水産業への支援 > 千葉県農林水産物販売緊急対策協議会について

更新日:令和3(2021)年11月19日

ページ番号:399680

千葉県農林水産物販売緊急対策協議会について

新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛の影響などにより消費が落ち込んだ県産農林水産物の需要回復を図るため、県及び関係団体で構成する「千葉県農林水産物販売緊急対策協議会」を令和2年5月27日に設立しました。

直売所等が取り組む「新しい生活様式」に対応した販売方法の導入支援申請書類はこちら

1.名称及び構成

名称:千葉県農林水産物販売緊急対策協議会

構成:千葉県及び県域農林漁業関係団体(計6機関)

千葉県農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会千葉県本部、千葉県漁業協同組合連合会、公益社団法人千葉県園芸協会、公益社団法人千葉県畜産協会、千葉県

会長:農林水産部長、事務局:千葉県農林水産部農林水産政策課

2.取組の紹介

(1)緊急対策の実施

県産農林水産物の需要回復を図るための販路拡大や、「新しい生活様式」に対応した販売方法の改善等の取組を行います。それぞれの取組は、協議会構成員の機関・団体に所属する担当職員及び関係者が実行ユニットを編成し、具体的な実施に当たり必要な調整や事務を行います。

協議会の取組一覧(令和3年4月以降・決定順)

  1. 観光いちご園における感染防止対策の徹底及び「新しい生活様式」への対応推進
    来期の観光いちご園での感染防止対策を徹底するため、専門家を招いた研修会の開催や来園客向けのポスターを作成等を行う。

  2. 小売店等やインターネット販売支援による県産水産物の販売対策
    県産水産物の応援企画として、生産者、仲買業者、漁業者団体、県などの県内の関係者が一丸となって、高級魚を含む鮮魚の販売促進に取り組む。小売店等の店舗において朝市価格で鮮魚を購入することができる機会を設け、新型コロナウイルス感染症の影響で需要の落ち込んだ高級魚の販売促進を図る。

  3. 高速バスを活用した鮮魚輸送に係る販売支援
    既存の高速バスルートを活用した貨客混載により、SGDsの視点から運搬中のCO2削減のほか、県産水産物のPRに繋げる。

  4. 直売所等が取り組む「新しい生活様式」に対応した販売方法の導入支援
    県内の農林水産物直売所、農林漁家レストラン及び農林漁業体験施設が取り組む「新しい生活様式」に対応した販売方法の導入に対して支援を行う。

直売所等が取り組む「新しい生活様式」に対応した販売方法の導入支援申請書類

様式第1-1号(記載例含む)
申請書(ワード:37KB)

様式1-2号(記載例含む)
申請書兼実績報告書(ワード:37KB)

協議会の取組実績(令和2年3月まで)

千葉県農林水産物販売緊急対策協議会の実績について

(2)国や県の各種支援策の活用推進

農林漁業者等が国の緊急対策や県の支援策を有効に活用できるよう、情報共有や周知等を行います。

(3)報道発表など(関連リンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林水産政策課政策室

電話番号:043-223-2807

ファックス番号:043-222-3960

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?