ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年1月13日

ページ番号:480711

種苗法改正に伴う千葉県育成品種の取扱いについて

種苗法改正の目的と内容

種苗法改正の目的

 日本で育成された優良品種が海外に流出し、流出先で栽培および産地化することにより、日本産の青果物の輸出などへの影響が懸念されています。
 そこで、種苗の海外流出を防ぐため、種苗法が改正されました。

主な改正点

  • 種苗を譲渡する際、登録品種である旨の表示が義務化されました
  • 育成者が種苗の海外持ち出し制限をかけることができるようになりました
  • 国内の栽培地域を指定できるようになりました(令和3年4月1日以降に出願する品種のみ)
  • 生産者の自家増殖にも、育成者の許諾が必要となりました。

県育成品種の取扱いについて

登録品種の表示の義務化について

 県育成品種については種苗法改正に伴い、令和3年4月1日から登録品種の種苗を業として譲渡する場合や販売のための広告の際に、以下の表示を付すことが義務化されます。

  • 登録品種であること
  • 海外持ち出し制限があること

海外持出制限の付与について

 県育成品種については、すべての品種において海外への持ち出し制限を付与しています。
そのため、海外への持ち出しはできません。

各品種の栽培に関する制限については下記をご覧ください。
千葉県育成品種の制限について(PDF:63.8KB)

県育成品種の自家増殖の許諾方針

 県育成品種の自家増殖の取扱い方針は以下のとおりです。

基本方針

  • 一部品種を除き、県内生産者に限り今まで通り、許諾手続きなしで自家増殖が可能です。
  • ただし、利用が特定の産地や生産者に限定されている品種は、許諾手続きを必要とします。
  • 許諾手続きが必要な品種についても、許諾料等は無償です。

各品種の取扱い

品目 品種名 商標、愛称 海外への持ち出し 自家増殖の可否 許諾手続き 許諾料金
各県育成品種の自家増殖の取扱い
落花生 おおまさり   禁止 可能 不要 無償
落花生 おおまさりネオ   禁止 可能 不要 無償
落花生 千葉P114号 Qなっつ 禁止 可能 不要 無償
なし 千葉K3号 秋満月 禁止 可能 不要 無償
ねぎ 足長美人   禁止 可能 不要 無償
水稲 総の舞   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
水稲 ゆめかなえ   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
水稲 ふさのもち   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
水稲 千葉28号 ふさこがね 禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
水稲 粒すけ   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
さといも ちば丸   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
いちご ふさの香   禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
いちご 千葉S4号 チーバベリー 禁止 県内生産者に限り可能 不要 無償
いちご 桜香   禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
いちご 千葉S05-3 紅香 禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
やまのいも ちばとろ   禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
びわ 希房   禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
カラー アクアホワイト   禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
カラー 千葉C2号 Brilliant・Bell 禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
いぬまき 紅くじゃく   禁止 利用許諾をしている団体の生産者に限り可能 必要(生産者団体が取りまとめて申請) 無償
トマト ちばさんさん   禁止 F1品種のため自家増殖不可
なばな MGX-503   禁止 F1品種のため自家増殖不可
メロン TLタカミ   禁止 F1品種のため自家増殖不可
ちばフェアグリーン   禁止 自家増殖不可
チバラフワン   禁止 自家増殖不可
千葉G79号   禁止 自家増殖不可
シーワイツー   禁止 自家増殖不可
CY-4   禁止 自家増殖不可
ベゴニア コーラルファンタジー   禁止 自家増殖不可
ベゴニア クリーミーファンタジー   禁止 自家増殖不可
ベゴニア アプリコットファンタジー   禁止 自家増殖不可

遵守事項

 自家増殖をするにあたっては、下記の遵守事項に同意いただいたものとします。

  • 自家増殖により得た種苗は有償・無償を問わず第三者に譲渡しないこと
  • 種苗を海外に持ち出さないこと
  • 品質を損なうことのないよう、自家増殖により得た種苗は適切な選別を行うこと
  • 品質保持のため、定期的な種苗の更新を行うこと
  • 自己の経営に用いなかった種苗は、遅滞なく廃棄又は食用とすること
  • 必要に応じて自家増殖等に関する千葉県の調査に協力すること

県育成品種の取扱いに関する周知資料

種苗法改正に伴う県育成品種の方針を決定しました(チラシ)(PDF:136.9KB)

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課技術振興室

電話番号:043-223-2907

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?