ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育施策・計画・予算等 > 教育委員会の予算 > 令和2年度教育委員会所管に係る当初予算の概要

更新日:令和2(2020)年3月12日

令和2年度教育委員会所管に係る当初予算の概要

令和2年度教育委員会所管に係る当初予算について

教育庁企画管理部財務課

電話:043-223-4021

令和2年度当初予算は、「次世代へ光り輝く「教育立県ちば」プラン(第3期千葉県教育振興基本計画)」に掲げた4つの基本目標

〇ちばの教育の力で、志を持ち、未来を切り拓く、ちばの子供を育てる

〇ちばの教育の力で、「自信」と「安心」を育む学校をつくる

〇ちばの教育の力で、家庭と地域の絆を深め、全ての人が活躍できる環境を整える

〇ちばの教育の力で、世界を舞台に活躍する人材を育成し、「楽しい」「喜び」に満ちた豊かな社会を創る

に重点的に取り組むこととしております。

具体的には、児童・生徒の学力向上、学校におけるいじめ対策や不登校児童生徒への支援、安全・安心な学び場づくり、教員の多忙化対策、ICT利活用の推進など、教育をとりまく重要な課題に取り組む予算編成としました。

【グラフデータ】千葉県一般会計予算(当初予算、教育費の割合)(PDF:33KB)

【グラフデータ】教育委員会所管に係る一般会計予算(当初予算、性質別・項別)(PDF:46KB)

教育委員会所管に係る当初予算の概要(一般会計及び特別会計奨学資金)(PDF:76KB)

主な事業(教育委員会所管に係る一般会計予算)

※()内の数字は前年度当初予算の金額

ちばの教育の力で、志を持ち、未来を切り拓く、ちばの子供を育てる

ちばっ子「学力向上」総合プランの推進(学習指導課)177,879千円(175,724千円)

児童生徒の学力向上のため、授業中における学習支援、放課後学習の充実、体験学習など多様な学習機会の提供、魅力ある授業づくりなどに取り組みます。

[主な事業]

  • 学習サポーター派遣事業132,370千円
  • 多様な学習機会の提供37,533千円
  • 魅力ある授業づくり4,940千円

県立学校ICT環境整備事業(教育政策課、学習指導課、特別支援教育課)179,182千円(13,681千円)

県立学校にタブレット端末やプロジェクタなどの機器の整備を進めるとともに、各教科においてICTの特性を活かした効果的な学習を行うための検証を行っていきます。

[事業内容]

  • 教員向けICT環境の整備【新規】105,000千円
  • ICTを活用した学習効果検証事業【一部新規】60,682千円
  • AIソフト等を活用した外国語教育【新規】13,500千円

新県立図書館等複合施設整備事業(生涯学習課)240,000千円

県立図書館と県文書館の複合施設を、知識や情報を発信する「知の拠点」として新たに整備するため、埋蔵文化財調査等を行います。

学校におけるいじめ・不登校等対策の推進(児童生徒課)819,606千円(787,028千円)

いじめ・不登校等の未然防止、早期発見・解決のため、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカーを増員するとともに、SNSを活用した相談事業を拡充するなど、児童生徒が学校生活を安心して送れる環境づくりを進めます。

[事業内容]

  • 学校への支援体制の強化713,200千円
  • 相談体制等の充実95,990千円
  • 学校におけるいじめ対応力強化等10,416千円

特別支援学校を拠点とした障害者スポーツ振興事業(特別支援教育課)15,000千円(15,000千円)

共生社会の形成に向けて、障害者スポーツを身近なものとし、スポーツによる地域との交流を深めるため、特別支援学校を拠点として障害者スポーツの振興を図ります。

ちばの教育の力で、「自信」と「安心」を育む学校をつくる

県立学校における安全対策(教育施設課)750,860千円(1,832,600千円)

全ての県立学校における屋内運動場等の天井の落下防止対策を令和2年度中に完了させます。また、老朽化した校舎等の解体を行います。

[事業内容]

  • 県立学校非構造部材対策事業664,860千円
  • 県立学校老朽化対策事業86,000千円

県立学校長寿命化対策事業(教育施設課)4,714,400千円(3,826,000千円)

県立学校施設の長寿命化対策を推進するため、「千葉県県有建物長寿命化計画」に基づき、大規模改修等を行います。

[事業内容]

  • 県立学校大規模改修1,288,100千円
  • 県立学校外壁等改修3,426,300千円

高等学校再編事業(教育施設課、財務課)175,100千円(50,000千円)

県立学校改革推進プランに基づく魅力ある高等学校づくりを進めるため、施設・設備の整備を行います。

[主な事業]

  • 犢橋高校への福祉コースの設置23,000千円
  • 天羽高校への工業基礎コースの設置40,000千円
  • 姉崎高校へのものづくりコースの設置45,000千円
  • 佐倉南高校への三部制定時制の設置8,000千円

特別支援学校整備事業(教育施設課)462,600千円(484,300千円)

児童生徒の増加に伴う特別支援学校の過密解消のため、校舎等の整備を行います。

[事業内容]

  • 柏特別支援学校の高等部分離に伴う学校新設324,300千円
  • 桜が丘特別支援学校教室棟増築138,300千円

特別支援学校への医療的ケア用発電機の整備【新規】(特別支援教育課)8,523千円

災害等による停電発生時にも、人工呼吸器や喀痰吸引機を用いた医療的ケアを継続的に実施するため、特別支援学校に非常用発電機を整備します。

県立学校空調設備整備事業(教育施設課、財務課)1,079,693千円(997,000千円)

猛暑対策として、生徒の体調管理のため、県立高校の空調リース料等について引き続き負担するとともに、教職員の執務環境の改善を図るため、職員室等の管理諸室への空調整備を進めます。

[事業内容]

  • 普通教室(高等学校)867,400千円
  • 職員室等の管理諸室212,293千円

教員の多忙化対策の推進(教職員課、体育課)284,000千円(149,000千円)

教員の長時間勤務を改善するため、教員の事務作業の一部を補助する職員を増員して配置するとともに、市町村の部活動指導員の配置に対し増額して助成します。

[事業内容]

  • スクール・サポート・スタッフの配置245,000千円
  • 部活動指導員配置に対する助成39,000千円

公立高等学校就学支援金(財務課)9,272,020千円(9,468,000千円)

公立高校に在学する生徒の経済的負担の軽減を図るため、授業料相当額を支給します。

公立高等学校等奨学のための給付金(財務課)922,586千円(991,856千円)

公立高校等に在学する生徒の保護者の教育費負担軽減を図るため、奨学のための給付金を支給します。

ちばの教育の力で、家庭と地域の絆を深め、全ての人が活躍できる環境を整える

学校との連携機能強化(児童生徒課、教職員課)99,777千円

学校と関係機関の連携を強化し、児童虐待の未然防止・早期対応を図るため、担任教諭が児童へのきめ細かな見守りやケアを行えるよう授業の一部を代替する非常勤講師や、緊急性の高い困難事案にも迅速に対応できるスクールソーシャルワーカー等を配置します。

[事業内容]

  • 非常勤講師の配置86,285千円
  • スクールソーシャルワーカーの配置〔再掲〕11,078千円
  • スクールロイヤーを活用した法的相談体制の構築2,414千円

放課後子供教室推進事業(生涯学習課)134,965千円(125,447千円)

子どもたちの安全・安心な居場所づくりのため、市町村が小学校の余裕教室等を活用し、地域住民の協力を得て、勉強やスポーツ、地域との交流等を行う「放課後子供教室」の運営費に対して助成します。

ちばの教育の力で、世界を舞台に活躍する人材を育成し、「楽しい」「喜び」に満ちた社会を創る

国際的に活躍できる人材の育成(学習指導課、教育政策課)305,155千円(283,840千円)

国際的に活躍できる人材を育てるため、中学生・高校生の英語学習の充実を図るとともに、海外留学への助成や国際教育交流の推進により、国際感覚や多文化理解の醸成を図ります。

[事業内容]

  • 英語等外国語教育推進事業259,055千円
  • AIソフト等を活用した外国語教育〔再掲〕13,500千円
  • 高校生等海外留学助成事業15,600千円
  • 国際教育交流推進事業17,000千円

県立美術館活性化事業(文化財課)27,014千円(17,000千円)

東京2020大会の開催にあわせた、特別展「日本文化の華 大相撲展」のほか、本県出身の海外で活躍する若手作家の展示会「魔法の手 ロッカクアヤコ作品展」等を開催し、新たな美術館の魅力を発信します。

東京2020大会の文化プログラムを契機とした文化力向上事業(文化財課)6,450千円(6,000千円)

東京オリンピック・パラリンピックの大会機運を醸成するとともに、本県の魅力を県内外に発信し、文化振興と地域の活性化を図るため、世代や障害の有無を超えて交流できる県民参加型の文化プログラムを実施します。

文化財保存整備助成事業(文化財課)59,700千円(44,000千円)

文化財の適正な保存管理とその活用を図るため、国・県指定文化財の保存整備・修理等の事業に対して助成します。

オリンピック・パラリンピックを活用した教育推進事業(教育政策課)14,000千円(14,000千円)

児童生徒が国際感覚やスポーツの楽しさ、ボランティア精神、障害者への理解等を身に付けられるよう、オリンピック・パラリンピック教育を引き続き実践します。また、大会に向け更なる機運醸成を図るとともに、授業でも活用できる教材を作成するなど大会後も無形のレガシーを引き継いでいきます。

[事業内容]

  • 推進校における事業実施及び事業成果の普及6,000千円
  • 児童生徒向けリーフレットの作成【新規】3,000千円
  • 教育用DVDの作成【新規】5,000千円

総合スポーツセンター野球場照明設備設置事業(体育課)60,000千円(20,000千円)

さらなる利便性の向上や利用者の安全確保のため、総合スポーツセンター野球場に照明設備を設置します。

千葉県競技力向上推進本部事業(体育課)200,000千円(200,000千円)

本県スポーツ選手の育成・強化を図るとともに、スポーツを通じた活力ある地域づくりを推進するため、千葉県競技力向上推進本部が行う事業に対して助成します。

障害者アスリート強化・支援事業【新規】(体育課)20,000千円

本県にゆかりのある障害者アスリートが、競技力向上に励めるよう、世界選手権等に出場が期待される選手を強化・支援する取組に対し、助成します。

ちばアクアラインマラソン開催事業(体育課)145,000千円(47,000千円)

スポーツを通じた健康増進や体力向上の促進と、千葉県が有する様々な魅力を発信するため、東京湾アクアラインを活用した「ちばアクアラインマラソン2020」を開催します。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部財務課予算班

電話番号:043-223-4021

ファックス番号:043-221-4632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?