ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育施策・計画・予算等 > 教育委員会の予算 > 平成30年度教育委員会所管に係る当初予算の概要

更新日:平成30(2018)年3月16日

平成30年度教育委員会所管に係る当初予算の概要

平成30年度教育委員会所管に係る当初予算について

教育庁企画管理部財務施設課

電話:043-223-4021

平成30年度当初予算は、「新みんなで取り組む『教育立県ちば』プラン(第2期千葉県教育振興基本計画)」に掲げた3つのプロジェクト

〇志を持ち、失敗を恐れずチャレンジする人材を育てる~夢・チャレンジプロジェクト~

〇ちばのポテンシャル(潜在能力)を生かした教育立県の土台づくり~元気プロジェクト~

〇教育の原点としての家庭の力を高め、人づくりのために力をつなげる~チームスピリットプロジェクト~

に重点的に取り組むこととしております。

具体的には、児童・生徒の学力向上、学校におけるいじめ・不登校等対策、安全・安心な学び場づくり、東京オリンピック・パラリンピックの関連事業、さらに、教員の多忙化対策など、教育をとりまく重要な課題に取り組む予算編成としました。

【グラフデータ】千葉県一般会計予算(当初予算、教育費の割合)(PDF:32KB)

【グラフデータ】教育委員会所管に係る一般会計予算(当初予算、性質別・項別)(PDF:40KB)

教育委員会所管に係る当初予算の概要(一般会計及び特別会計奨学資金)(PDF:77KB)

主な事業(教育委員会所管に係る一般会計予算)

※()内の数字は前年度6月補正後予算の金額

〈志を持ち、失敗を恐れずチャレンジする人材を育てる~夢・チャレンジプロジェクト~〉

ちばっ子「学力向上」総合プランの推進(指導課)174,484千円(171,959千円)

児童生徒の学力向上のため、授業中における学習支援、放課後学習の充実、体験学習など多様な学習機会の提供、魅力ある授業づくりなどに取り組みます。

[主な事業]

  • 学習サポーター派遣事業144,453千円
  • 多様な学習機会の提供21,778千円
  • 魅力ある授業づくり4,917千円

道徳教育推進プロジェクト事業(指導課)32,502千円(32,444千円)

小・中・高等学校の児童生徒の発達段階に応じた道徳教育の推進を図ります。

[主な事業]

  • 指導用映像資料の作成21,058千円
  • 道徳教育推進校における研究3,200千円
  • 心の教育推進キャンペーン2,276千円
  • 情報モラル教育研修会3,000千円

国際的に活躍できる人材の育成(指導課、教育政策課)275,158千円(257,473千円)

国際的に活躍できる人材を育てるため、海外留学への助成や外国語学習の充実を図るとともに、国際感覚や多文化理解の醸成に向けた国際教育交流を推進します。

[事業内容]

  • 高校生等海外留学助成事業15,600千円
  • 英語等外国語教育推進事業242,558千円
  • 国際教育交流推進事業17,000千円

〈ちばのポテンシャル(潜在能力)を生かした教育立県の土台づくり~元気プロジェクト~〉

夜間定時制高等学校夕食費補助事業(学校安全保健課)21,060千円(8,100千円)

県立高等学校の夜間定時制課程に在籍する生徒の経済的負担の軽減を図るため、夕食費の一部を助成します。

教員の多忙化対策推進モデル事業【新規】(教職員課、体育課)25,483千円

教員の長時間勤務の改善に向けて、学校への非常勤職員の配置等について検討するため、モデル事業を実施します。

[事業内容]

  • スクール・サポート・スタッフの配置18,789千円
  • 部活動指導員配置に対する助成6,694千円

学校におけるいじめ・不登校等対策の推進(指導課)748,378千円(705,688千円)

いじめ・不登校等の未然防止、早期発見・解決のため、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカーを増員するとともに、新たに不登校対策支援チームを設置するなど、児童生徒が安心して学校生活を送れる環境づくりを進めます。

[事業内容]

  • 学校への支援体制の強化658,898千円
  • 相談体制等の充実61,667千円
  • 学校におけるいじめ対応力強化等27,813千円

特別支援アドバイザー事業(特別支援教育課)61,681千円(59,286千円)

障害のある子どもたちの指導方法や支援体制について、公立の幼稚園、小・中・高等学校からの要請に応じて特別支援アドバイザーを派遣し、教職員等に助言・援助を行います。

特別支援学校を拠点とした障害者スポーツ振興事業【新規】(特別支援教育課)12,000千円

共生社会の形成に向けて、障害者スポーツを身近なものとし、スポーツによる地域との交流を深めるため、特別支援学校を拠点として障害者スポーツの振興を図ります。

特別支援学校整備事業(財務施設課)365,900千円(52,450千円)〔債務負担行為59,000千円〕

児童生徒の増加に伴い、教室不足・過密の状況が著しい特別支援学校について、校舎等の整備を行います。

[主な事業]

  • 柏特別支援学校の高等部分離に伴う学校新設【新規】26,500千円
  • 市川特別支援学校作業棟増築169,100千円
  • 君津特別支援学校作業棟増築83,850千円
  • 市原特別支援学校教室棟増築76,000千円
  • 桜が丘特別支援学校教室棟増築【新規】9,000千円

新県立図書館基本計画策定事業【新規】(生涯学習課)15,000千円

良質な図書館サービスを提供するため、3館体制の県立図書館について、1館に機能集約を図ることとし、新県立図書館の整備に係る基本計画を策定します。

総合スポーツセンター野球場耐震・大規模改修事業(体育課)381,800千円(70,000千円)〔債務負担行為571,000千円〕

老朽化し、耐震性の不足する総合スポーツセンター野球場について、耐震改修等を行うとともに、施設機能の充実を図るために必要な改修を行います。

[事業内容]

  • 改修工事381,000千円

千葉県競技力向上推進本部事業(体育課)200,000千円(200,000千円)

本県スポーツ選手の育成・強化を図るとともに、スポーツを通じた活力ある地域づくりを推進するため、千葉県競技力向上推進本部が行う事業に対して助成します。

東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業(体育課)100,000千円(100,000千円)

東京オリンピック・パラリンピックに本県出身の選手を1人でも多く輩出するため、ジュニア世代の選抜選手及び障害者スポーツ選手を強化する取組に助成します。

開催年に向けて、特に出場が期待される選手の強化に重点化していきます。

ちばアクアラインマラソン開催事業(体育課)140,000千円(47,000千円)

スポーツを通じた健康増進や体力向上の促進と、千葉県が有する様々な魅力の発信のために、東京湾アクアラインを活用した「ちばアクアラインマラソン2018」を開催します。

オリンピック・パラリンピックを活用した教育推進事業(教育政策課)9,000千円(9,900千円)

東京オリンピック・パラリンピックを契機とした教育を推進し、児童生徒に国際感覚やスポーツの楽しさ、ボランティア精神、障害者への理解等を身につけさせ、大会後も無形のレガシーとして引き継いでいきます。

千葉県立中央博物館特別展(文化財課)15,427千円

千葉県立中央博物館の特別展「恐竜ミュージアムinちば」を開催します。

[開催時期]平成30年7月中旬~9月下旬の70日間(予定)

[展示内容]

  • 恐竜全身骨格標本の展示
  • 「千葉県初!恐竜かもしれない骨化石」の展示
  • 化石発掘体験等

文化財保存整備助成事業(文化財課)42,600千円(42,845千円)

文化財の適正な保存管理とその活用を図るため、国・県指定文化財の保存整備・修理等の事業に対して助成します。

[助成内容]

  • 文化財保存整備事業38,500千円
  • 無形民俗文化財保存伝承事業4,100千円

「明治150年」関連事業【新規】(文化財課)4,113千円

平成30年が明治元年から満150年にあたることをきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺し、明治の精神に学び、日本の強みを再認識するため、「明治時代の千葉」に関連する展示等を実施します。

[主な事業]

  • 関宿城博物館企画展「文明開化の『力』ーわたしたち、江戸時代を卒業します!ー」
  • 県立美術館アート・コレクション「近代洋画の先駆者・浅井忠」

県立学校における安全対策(財務施設課)2,184,600千円(1,496,000千円)

県立学校施設の安全を確保するため、屋内運動場等の天井の落下防止対策を行うとともに、老朽化の著しい京葉工業高校実習棟の改築等を行います。

[事業内容]

  • 県立学校非構造部材対策事業1,540,000千円
  • 県立学校老朽化対策事業644,600千円

県立学校長寿命化対策事業【新規】(財務施設課)279,589千円

県立学校施設の長寿命化対策を推進するため、「千葉県県有建物長寿命化計画」に基づき、大規模改修等を行います。

[事業内容]

  • 県立学校大規模改修46,922千円
  • 県立学校外壁等改修232,667千円

高等学校再編事業(財務施設課)168,300千円(602,500千円)

県立学校改革推進プラン等に基づく魅力ある高等学校づくりを進めるため、県立学校の施設・設備の整備を行います。

[主な事業]

  • 市原・鶴舞桜が丘高校の統合165,000千円
  • 我孫子東高校への福祉コースの設置2,100千円

〈教育の原点としての家庭の力を高め、人づくりのために力をつなげる~チームスピリットプロジェクト~〉

家庭教育支援チーム設置推進事業(生涯学習課)3,000千円(3,000千円)

少子化や核家族化、地域のつながりの希薄化などにより、子育て中の保護者が孤立することを防ぐため、市町村が設置する「家庭教育支援チーム」の運営費に対して助成します。

放課後子供教室推進事業(生涯学習課)120,065千円(110,875千円)

子どもたちの安全・安心な居場所づくりのため、市町村が小学校の余裕教室等を活用し、地域住民の協力を得て、勉強やスポーツ、地域との交流等を行う「放課後子供教室」の運営費に対して助成します。

公立高等学校就学支援金(財務施設課)9,610,000千円(9,698,000千円)

公立高校に在学する生徒の経済的負担の軽減を図るため、授業料相当額を支給します。

公立高等学校等奨学のための給付金(財務施設課)1,077,085千円(1,125,000千円)

公立高校等に在学する生徒の保護者の教育費負担軽減を図るため、奨学のための給付金を支給します。

〈その他〉

県立施設トイレ改修事業(生涯学習課、文化財課、体育課)144,710千円(3,240千円)

県立施設のトイレについて、施設の魅力向上を図るために、改修工事を行います。

[事業内容]

  • 社会教育施設トイレ改修40,350千円
  • 総合スポーツセンタートイレ改修104,360千円

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部財務課予算班

電話番号:043-223-4021

ファックス番号:043-221-4632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?