ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 国際スポーツ交流 > 令和元年度千葉県と台湾・桃園市との卓球による国際スポーツ交流について(令和2年1月3日~7日)

更新日:令和2(2020)年9月15日

ページ番号:389564

令和元年度千葉県と台湾・桃園市との卓球による国際スポーツ交流について(令和2年1月3日~7日)

選手団集合写真

平成29年度から、千葉県と桃園市との卓球による国際スポーツ交流が実施され、第3回交流となった今年度は、千葉県選手団12名が台湾・桃園市を訪れ、歓迎行事・親善試合・視察及び見学(観光)などを通して親交を深めました。桃園市政府から顔子傑事務局長、体育局荘局長はじめ市幹部の方々が晩餐会に出席してくださいました。

1概要

  • 日時:令和2年1月3日(土曜日)から7日(火曜日)まで
  • 場所:台湾・桃園市各地
  • 参加者:千葉県選手団(選手・役員・監督)16名(選手:高校生を中心とした男女各6名、役員:千葉県卓球連盟より2名及び監督:男女監督各1名)

2内容

1日目

  • 午前:成田国際空港発
  • 午後:台湾桃園国際空港着
  • 午後:桃園アリーナへ移動、会場見学とスケジュール説明

2日目

  • 午前:台湾チームとの親善試合(団体戦)
  • 午後:晩餐会(福容大飯店桃園館)

3日目

  • 一日:親善試合(団体戦)

4日目

  • 午前:永豊高校との交流試合(個人戦)
  • 午後:台北観光

5日目

  • 午前:準備・空港集合
  • 正午:出国

3交流の様子

1月4日の晩餐会では、桃園市体育局の荘佳佳局長をはじめ、多くの来賓の方々から手厚いおもてなしをいただきました。

桃園ドーム体育館の地下が卓球場となっており、充実した施設で盛んに技術交流が行われました。

 

各日の夕食では、美味しい台湾料理に舌鼓を打ち、明日の練習への英気を養う姿が見られました。

親善試合は1次・2次リーグの総当たり戦を行いました。台湾トップレベルの技術を体験する得難い機会となりました。

 

親善試合においては、千葉県、桃園市いずれの選手も全力を尽くし、白熱したラリーが繰り広げられました。

台湾チームとの親善試合・表彰式の様子です。

1月6日に行われた永豊高校との交流試合。個人戦を行いました。体幹の強さ・粘り強さなど学ぶことの多い試合でした。

永豊高校との交流試合後、記念写真を撮りました。永豊高校の皆さん、ありがとうございました。

参加者全員で記念写真を撮りました。

 

4参考

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?