ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 国際スポーツ交流 > 令和元年度卓球による国際スポーツ交流事業|ドイツ連邦共和国・デュッセルドルフ市とのスポーツ交流

更新日:令和2(2020)年9月15日

ページ番号:389563

令和元年度卓球による国際スポーツ交流事業|ドイツ連邦共和国・デュッセルドルフ市とのスポーツ交流

集合写真令和元年10月23日から10月31日まで、千葉県とドイツ連邦共和国・デュッセルドルフ市との卓球による国際スポーツ交流が開催され、卓球交流と文化施設等の見学訪問を行いました。

来県期間・会場等

  • 期日:令和元年10月23日(水曜日)~10月31日(土曜日)
  • 会場:ドイツ連邦デュッセルドルフ市SporthotelBorussiaDüsseldorf
  • 宿泊場所:SporthotelBorussiaDüsseldorf
  • 主催:千葉県卓球連盟
  • 共催:千葉県教育委員会
  • 後援:千葉県

参加者

千葉県チーム

  • 参加者【役員3名選手8名(男女各4名)合計11名】

交流の様子

10月23日(土曜日)、デュッセルドルフに到着した選手たち。

卓球交流はポーツホテル・ボルシア・デュッセルドルフドイツの施設で行われました。ヨーロッパ・アジアのトップ選手の強化練習場所であり、高齢者・小中学生等多くのプレーヤーが集う場所です。

 

言葉は違えども身振り手振りを交えつつ、選手たちは卓球を通じて心を通わせている様子が見られました。

ボルシア・デュッセルドルフの選手達と英語でコミュニケーションを取りながら、共に練習に励みました。

 

28日に行われた親善試合では、千葉県選手、デュッセルドルフ選手ともに全力を尽くし、白熱したラリーを繰り広げました。

ボルシア・デュッセルドルフの選手達との練習を通じて、バックハンドの技術の高さや練習の違いなど、多くのことを学び取っていました。

 

練習後、熱気の残る中、日本の選手からドイツ選手へ感謝のプレゼントを渡し、交流は成功裏に終了いたしました。

ケルン大聖堂をはじめ、ドイツの風土・建築物を見学しました。日本と異なる文化に触れ、世界の広がりを感じることができました。

ドイツ連邦共和国のボルシア・デュッセルドルフチームとの交流は2008年から始まり、デュッセルドルフへの派遣交流は6回目となりました。今後も、互いの選手が海外との交流を通して広い視野を持ち、競技力やコミュニケーション力を高め、国際人として世界へ活躍の場を広げられることを期待します。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?