ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年4月17日

家庭教育リーフレット

家庭教育は、全ての教育の出発点であり、子供が基本的な生活習慣・生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する思いやりや善悪の判断などの基本的倫理観、自立心や自制心、社会的なマナーなどを身に付ける上で重要な役割を担うものです。

県教育委員会では、各家庭の教育力の向上を図るために、基本的な生活習慣や親子のコミュニケーションなどの家庭教育のポイントをまとめたリーフレットを作成して、3歳児、小学1年生、小学4年生、中学1年生の全ての保護者に配布しています。

幼児版について

幼児版表紙

 幼い頃の親と子のかかわりは、その後の人格形成の基本となります。子供が健やかに成長するためには、家庭での教育が大切です。子供の育ち方を知り、親子で「あいうえお」に取り組んでみましょう。                 

 あ:あいさつをする

 い:いつも○○する

 う:うんどうをする

 え:えほんをよむ

   お:おいしくたべる

  

【印刷用】家庭教育リーフレット幼児版「親子で取り組むあいうえお」(PDF:1,660KB)

小学生版について

小学生版表紙

 小学校に入学し、少し「おにいさん」「おねえさん」になった子供たち。6年間の小学校生活を充実したものにするために、日々の生活について親子で話し合いながら確認してみましょう。

 ○身に付けさせたい「基本的な生活習慣ときまり」

 ○深めたい「親子のコミュニケーション」

 ○取り組ませたい「家庭学習・読書の習慣」

 ○育みたい「夢・希望」

 ○つなげたい「体験活動・地域とのかかわり」

 

【印刷用】家庭教育リーフレット小学生版「やってみよう!親子でチェック」(PDF:931KB)

小学4年生版について

小学4年生版表紙 親の影響を強く受ける生活から友達を中心とした生活へと変化が始まり、心も体も大きく成長する4年生ですが、まだまだ親の支えが必要です。

 基本的な生活習慣ときまり、親子のコミュニケーション、家庭学習・読書の習慣、夢・希望、体験活動・地域とのつながりなど、改めて親子で話し合いながら確認してみましょう。

 

 

 

 

【印刷用】家庭教育リーフレット小学4年生版「もう一度やってみよう!親子でチェック」(PDF:840KB)

中学生版について

中学生版表紙

 中学生という時期は、子供から大人へ成長する過渡期で思春期と言われ、心と身体が急速に変化していきます。大人の世界に入るという不安や葛藤など様々な点で悩み、苦しみ、試行錯誤を繰り返しながら、大人になる階段を上っている時期です。

 思春期の特徴をよく理解し、子供の気持ちを受け止め、一緒に考えることが大切です。日ごろの親子のかかわりを振り返ってみましょう。

 

 

 

【印刷用】家庭教育リーフレット中学生版「親子のかかわりを大切に」(PDF:1,144KB)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室

電話番号:043-223-4069

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?