ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月24日

企業における家庭教育支援講座

家庭教育について学ぶ機会や時間がなかなかとれない企業で働く方々を対象に、企業の協力を得て、家庭教育に関する研修講座を開催します。平成29年度も随時行っていきます。詳細は、下記担当までお問い合わせください。

平成28年度「企業における家庭教育支援講座」の取組紹介

No. 実施期日 実施企業 講師 テーマ

1

10月14日(金曜日) 千葉銀行(柏会場) 臨床心理士:有馬和子氏 親子で思春期を乗り越えよう!~さあ、新しい親子関係のスタートです~
2 2月14日(火曜日) 千葉銀行(千葉会場) 臨床心理士:有馬和子氏 親子で思春期を乗り越えよう!~さあ、新しい親子関係のスタートです~

<講義概要>

『親子で思春期を乗りこえよう!~さあ、新しい親子関係のスタートです~』

「一つ、二つ、三つ・・・・・九つ、十」年齢に「つ」がつかなくなったら、思春期の始まりです。最近は、発育も早く、十歳くらいから思春期と考えてよいでしょう。思春期の子供に対する接し方で気をつけたいことは、以下の内容です。<1>否定語を使わず肯定語で話す。<2>指示は具体的にわかりやすくする。<3>ついつい小言口調になってしまうところを丁寧語を使ってみる。例えば「いつになったら、お風呂に入るの」ではなく、「お風呂は、いつになったら入りますか」など。親の姿勢を変えることで子供は変わるという内容でした。

<参加者の声>

  • 今日から少しずつ変わってみようと思います。
  • 子育てについて、否定的にならず良いとところはほめて、私も子供たちも、日々楽しく過ごせるようにしたいと思います。
  • つい叱りすぎてしまっていたと反省しました。これからは、否定的なことをあまり言わないように心がけていきたいと思います。
  • 先生のお話を聞いて子育てを楽しもうと思いました。肩に力を入れすぎないようにしたいと思います。
  • なるほどと思うことがたくさんあり、声かけの仕方を変えていこうと思います。

平成27年度「企業における家庭教育支援講座」の取組紹介

平成26年度「企業における家庭教育支援講座」の取組紹介

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室

電話番号:043-223-4069

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?