ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月12日

VOICE3-ちば・ふるさとの学び

 VOICE3才・発見

高村光太郎(1883~1956 年)

明治~昭和期の彫刻家・詩人

高村光雲の子。東京の生まれ。精神を病んだ妻の智恵子を愛し、妻の病気静養の地として、千葉県九十九里浜を選び生活させた。詩集に『道程』『智恵子抄』などがある。

   右の「道程」は、有名な詩なので出会った人もあるかと思います。詩の書き出しで光太郎は、「僕の前に道はない」「僕の後ろに道はできる」と言っています。
   初めから自分の生き方や人生は決定しているものではなく、自分から一歩を踏み出すことによって、生き方や進路という道が自然と開けていくというメッセージなのです。
   あなたは、「自分らしさ」について、考え悩むこともあるかもしれません。
   チャレンジして失敗することがあるかもしれません。
   しかし、考え悩むより、何もしないで失敗を恐れるより、行動する勇気を持って一歩を踏み出してください。
   そのとき、きっとまわりの人もあなたを後押ししてくれることでしょう。
   そして、そこには明日の新しいあなた自身が存在しているのです。

イラスト

人物イラスト

  道程  <高村 光太郎>

僕の前に
道はない
僕の後ろに
道は出来る

ああ
自然よ
父よ

僕を
一人立ちにさせた
広大な父よ

僕から目を離さないで
守る事をせよ

常に
父の気魄を僕に充たせよ

この遠い
道程のため

この遠い道程のため

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育立県推進室推進班

電話番号:043-223-4176

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?