ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月19日

旧斎藤家住宅主屋ほか

(きゅうさいとうけじゅうたくしゅおくほか)

旧斎藤家住宅主屋写真提供:一宮町教育委員会

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

4棟(主屋、店蔵、土蔵、稲荷社)

登録日

平成29年6月28日

所在地(所有者)

一宮町一宮字通町3-2987-1他(個人)

概要

斎藤家は主に鰹節を扱う海産物問屋を営んだ。主屋・店蔵・土蔵・稲荷社ともに、一宮商業銀行を設立した斎藤孝佑が明治30年頃に建築したと考えられる。現在はNPO団体が保存活用にあたっており、店蔵はカフェとして活用され、主屋も公開されている。
主屋は南面に玄関を設け、内縁を介して茶の間・中の間・奥の間を並べ、庭園に向けて開放的外観を見せる近代和風建築の好例である。店蔵は三連窓や軒蛇腹(のきじゃばら)を塗りこめた重厚な外観で二階に座敷を備える。敷地北東の主屋背後に稲荷社、さらに北東角に土蔵が建つ。稲荷社は地元の職人、長谷川三之輔による繊細な彫刻が随所に配される。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?