ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月19日

高原家住宅店蔵

(たかはらけじゅうたくみせぐら)

高原家住宅店蔵写真提供:一宮町教育委員会

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

1棟

登録日

平成29年6月28日

所在地(所有者)

一宮町一宮字櫻馬場3030(個人)

概要

玉前(たまさき)神社の参道沿いに建つ土蔵造の店蔵。高原家は玉前神社の四社家(しゃけ)の一つと伝え、近代以降商家に転じた。戦前は食用油の販売や鶏卵の卸売りなどを行っていたという。現在は貸店舗で、かき氷店として利用されている。当建築物の建築年代は明治後期と推定されている。土蔵造二階建、切妻造平入で、正面に一間の下屋(げや)が付く。1階は1室で、下屋境の柱は太く、揚戸(あげど)の痕跡が残る。二階の三連窓や重厚な持送(もちおく)りなどで正面を飾り、門前の景観形成に寄与している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?