ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月26日

小湊鉄道第一養老川橋梁ほか

(こみなとてつどうだいいちようろうがわきょうりょうほか)

小湊鉄道第一養老川橋梁撮影:千葉県教育庁

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

14棟、8基(小湊鉄道五井機関区機関庫及び鍛冶小屋、小湊鉄道上総村上駅本屋、小湊鉄道海士有木駅本屋、小湊鉄道上総山田駅本屋、小湊鉄道第一柴の下橋梁、小湊鉄道第二柴の下橋梁、小湊鉄道第一養老川橋梁、小湊鉄道馬立駅本屋、小湊鉄道第二養老川橋梁、小湊鉄道上総牛久駅本屋、小湊鉄道上総鶴舞駅本屋、小湊鉄道旧鶴舞発電所、小湊鉄道上総鶴舞駅貨物上屋、小湊鉄道高滝駅本屋、小湊鉄道里見駅本屋、小湊鉄道月崎第一隧道、小湊鉄道月崎駅本屋及びプラットホーム、小湊鉄道月崎駅旧下り線プラットホーム、小湊鉄道大久保隧道、小湊鉄道第四養老川橋梁、小湊鉄道養老渓谷駅本屋、小湊鉄道板谷隧道)

登録日

平成29年5月2日

所在地(所有者)

市原市(小湊鐡道株式会社)

概要

小湊鉄道線は、千葉県市原市の五井駅と大多喜町の上総中野駅を結ぶ。大正14年に開業し、昭和3年には全線が開通したもので、開業当初の駅舎や隧道、橋梁群が良く保存されている。このうち第一養老川橋梁は長さ95メートルと長大で、周囲の田園地帯とあいまって、歴史的な鉄道景観を形成しており、地域の近代化の歴史を伝えている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?