ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月6日

紅屋商店店舗ほか

(べにやしょうてんてんぽほか)

紅屋商店店舗ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

店舗・主屋、2棟

登録日

平成19年7月31日

所在地(所有者)

館山市長須賀1(個人)

概要

 紅屋は金物類を扱う商店。明治26年(1893)、今の南房総市和田町から当地に移築移転したが、大正12年(1923)の関東大震災で、店舗・住宅ともに倒壊。いち早く復興を目指すべく、店舗として活用したのが、地震に耐えて残った蔵だった。現存する紅屋商店店舗は、近くにあった米屋の蔵を移築したものである。店舗2階に残る墨書から、大正13年3月には作業の完了をみたことがわかっている。震災後、当地では蔵を再利用した店舗が数件あったというが、今に残るのは当店舗のみである。1・2階とも開口部に漆喰塗の防火扉が設けられ、震災復興期の店舗建築の特徴をよく現している。

 店舗は、木造2階建切妻造、桟瓦葺の平入で、街路にほぼ西面して建つ。正面には銅板葺の下屋を設けている。塗屋造で、外壁は人造石洗出しとし、石造風に見せている。現在は1階が店舗、2階が倉庫となっている。

 主屋は、昭和元年(1926)頃の建築で、店舗東側に連続した木造2階建、東西棟の切妻造、桟瓦葺。南面西端に入母屋造の玄関が設けられている。1階は8畳の仏間、2階は床・棚付の8畳の座敷と8畳の次の間からなる。店舗と繋がりをもった当時の住まいの形態を伝えている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?