サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年8月25日

長興院山門

(ちょうこういんさんもん) 長興院山門

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

1棟

登録日

平成11年7月8日

所在地(所有者)

成田市伊能556(宗教法人長興院)

概要

 禅宗様の特徴をよくあらわした重厚で風格のある瓦葺の木造楼門である。

 建築年代は不詳だが、その様式から江戸後期に建てられたものと推定される。主要部にはすべてケヤキ材が使われており、ほぼ建築当初のまま保存されている。彫刻を多用しないなど、比較的簡素な意匠となっているが、正面南北の虹梁(こうりょう)の唐草の浮かし彫や、組物を詰組にするなど、細部は全体的に繊細な造りとなっており、信仰の盛行が伺える。上層部が高く、内部に十六羅漢を祀っていたという点にも、時代の特徴がよくあらわれている(現在、十六羅漢は本堂内に移管)。 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?