ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

二子塚古墳
(ふたごづかこふん)

二子塚古墳

種別

県指定史跡

指定日

昭和43年4月9日

所在地

市原市姉崎1762

概要

 前方後円墳は、山が二つ並んだ形の丘や小山にみえることから二子塚(双子塚)とよばれることが多く、全国には二子塚(双子塚)と呼ばれる前方後円墳が数多く存在している。この二子塚古墳は姉崎古墳群の一つで、標高約5mの砂堤上に立地しており、全長114m、後円部径62mをである。墳丘は3段築成で、中段・下段に円筒埴輪列が巡っていた。

 昭和20年(1945)に松根採取の際、偶然遺物が出土したことを契機に、昭和22年(1947)に国学院大学によって発掘調査が行われた。その結果、後円部からは、鏡・玉類、直刀・鉄鉾・甲冑などの破片、立花などの滑石製品が、前方部からは、直刀・長型耳飾り・勾玉が出土している。また、昭和20年(1945)の出土遺物には、石枕・鉄鉾・鉄鏃・甲の破片・轡(馬具)がある。石枕は、黒色を呈した滑石製で、全体に極めて丁寧に研磨されていて、県内出土の石枕中最も精巧なつくりのものである。側面には3段にわたって直弧文(日本の古墳時代だけにみられる独特の文様)が施され、まわりには立花が立ち並べられるものである。

 古墳の規模や副葬品の内容からみて、二子塚古墳は養老川流域の古墳時代中期前半(5世紀前葉)を代表する古墳である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?