ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

木造薬師如来坐像及び両脇侍立像 附 神将立像2躯

(もくぞうやくしにょらいざぞう・りょうわきじりゅうぞう)

木造薬師如来坐像及び両脇侍立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

昭和40年4月27日

所在地(所有者)

市原市皆吉6(橘禅寺)

概要

 橘禅寺は、天平9年(737)行基によって開基されたと伝えられる。

 中尊の木造薬師如来坐像は橘禅寺の本尊で像高81cm、両脇侍の向かって右の日光菩薩立像は像高109cm、左側の月光菩薩立像は像高99cmである。3躯ともヒノキ材の寄木造で、素地仕上げである。目は彫眼で、ひとみや髭などに墨を入れている。

 薬師如来は結跏趺坐し、螺髪、肉髻珠、白毫相を表し、三道を刻みだし、衲衣をつけている。左手は膝上で薬壺をさげ、右手は肘を曲げ、掌を前にして5指を伸ばしている。

 両脇侍は、高い髻、三山冠をつけ、冠の頂に火炎宝珠、冠の両肩に円相を表す。髪はまばらに刻み、白毫相と三道を表す。また、左肩を覆う衲衣をつけ、右肩に編衫(へんざん)をつけている。

 木造薬師如来坐像の背板に墨書銘があり、鎌倉時代の弘長元年(1261)に橘禅寺が焼失したので、翌年に常陸公蓮上・信濃の公新蓮の両仏師により新しく作られ、焼けた薬師像の白毫を再利用したことが記されている。また、両脇侍の袈裟には宋様式が採用されており、鎌倉時代の宋様式の移入を示し、かつ制作年代の明らかな資料として彫刻史上重要な作例である。

 2躯の神将立像は、像高1.06mの一木造で、橘禅寺焼失前の12世紀後半の像である。これらは一具の二天像であったと考えられる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?