ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

木造聖観音立像

(もくぞうしょうかんのんりゅうぞう)

木造聖観音立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

昭和37年5月1日

所在地(所有者)

市原市風戸81(日光寺)

概要

 像高は332cmで、木造では県内最大の仏像である。仏像彫刻では珍しいサクラ材を使用した一木造で、薄くとのこが塗られている。彫眼で、体部の背板は失われているが、頭部から地付まで内刳が施されている。両腕は肩で矧はぎ付け、左ひじから先を更に矧ぎ付けている。

 顔については、目尻の上がった、厳かな顔立ちをしており、平安時代初期から中期の定朝様式以前の作風がみられる。胸から腹部、腰にかけての、体幹部の表現は抑揚を強調している。また、胸飾りは連珠文と列弁文の紐の正面に花紋と瓔珞が付き、臂釧は脇に胸飾り同様の花文がつき、リボン状の紐の尾が臂に巻き付く華麗なもので、裳の一段折り返した衣の襞の処理は装飾的である。

 こうした特徴から、平安時代初期彫刻の名残をのこす、平安時代中期の作品であることがわかる。房総の地方色をよく表している仏像である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?