ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 成田・羽田空港 > 羽田空港について > 羽田空港のC滑走路・都心上空ルート運用及び国土交通省に対する申入れについて

報道発表案件

更新日:令和6(2024)年1月5日

ページ番号:631305

羽田空港のC滑走路・都心上空ルート運用及び国土交通省に対する申入れについて

発表日:令和6年1月5日
総合企画部空港地域共生課

 今般、国土交通省から、羽田空港C滑走路の運用再開に伴う飛行経路に関して、都心上空ルートの運用に必要となる一部の施設の損傷により、当面の間、当ルートの運用ができず、本来当ルートで運用する時間帯においても、本県上空を通過するルートで運用する旨の報告がありました。

 安全確保の上からやむを得ないものと考えますが、都心上空ルートの運用は、本県の騒音軽減にも資するものであることから、県から千葉市とともに国土交通省に対し、口頭で申入れを行いました。

申入日

  • 令和6年1月5日(金曜日)

申入者

  • 千葉県総合企画部次長 錦織 良匡

  • 千葉市環境局環境保全部長 川並 修

相手方

  • 国土交通省航空局航空ネットワーク部首都圏空港課長 多田 浩人

県からの申入内容

  • 今回の事故により、運用に必要な一部の施設が損傷していることにより、安全上、いわゆる都心上空ルートを使用することができず、本県上空を飛行することになることについては、首都圏の航空需要に対応するため、本県としても、やむを得ないものと考える。
  • しかしながら、騒音の影響を受ける県民もいることから、早期の復旧に、全力をあげて取り組まれるよう、強く要望する。
  • また、23時以降の夜間に飛行する際には、極力、本県上空を飛行せず、東京湾上空を飛行するよう努めていただきたい。

(参考)新飛行経路(いわゆる都心上空ルート)について

 羽田空港では、風向きにより異なる飛行経路を運用しており、南風の場合、新飛行経路は午後3時~午後7時のうちの約3時間程度運用している。

 南風時従来経路   南風時新飛行経路 

国土交通省ホームページ「羽田空港のこれから」外部サイトへのリンク
https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/action/#01

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域共生課羽田空港騒音対策班

電話番号:043-223-2283

ファックス番号:043-224-8250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?