ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年2月27日

再チャレンジへのステップ

就職への第一歩として、将来に向けた「自分の理想像」を思い描いてみましょう。

理想の自分像を目指していこう」という気持ちを活力に、柔軟にステップを進めていくことが、再チャレンジ成功の秘訣です。

再チャレンジへのステップ

しいステージに踏み出そうとするとき、次のStep1~Step6について検討することをおすすめします。

Step1んな自分になりたいか(「理想の自分」という夢・ビジョンを描く)

就職への第一歩として、将来に向けた「自分の理想像」を思い描いてみましょう。「理想の自分像を目指していこう」という動機が活力となり、成功の秘訣となります。

Step2分を知る(自己分析)

理想の自分像」を目指すには、「今の自分」の姿をよく理解することが大事です。

私はなぜ働きたいの?

  • 生きがいを得るため
  • とにかく収入が必要
  • 家庭が第一だけど社会とも関わりたい

私には何ができるの?

  • 今までに経験した仕事の内容や役割、ポジション
  • 取得した(しようとしている)資格、知識、技術
  • 習い事やPTA活動で得た経験

私の個性や長所は?

  • 誰とでもすぐ仲良くなれる
  • 何事にも根気強く取り組む
  • プラス思考である

私は何がやりたいの?

  • やりがいを感じることは何か
  • 好きなこと、向いていることは何か
  • 経験を活かして働きたいか、新しいことに挑戦したいのか

【ワンポイントアドバイス】

職期間が長かったり資格がなかったりして、「私には何もできない」とあきらめていませんか?家事も育児・介護などもキャリアの1つと考え、PTA役員や地域行事に関わった経験なども活かしましょう。

Step3業理解を深める

りたい仕事に求人はあるのか、給料はどれくらいか、どんな働き方があるのか、など具体的な情報を集めましょう。

働きたい地域の労働市場情報を知る

求人の状況、企業のニーズ、雇用条件

働き方の形態を知る

正社員、パートタイマー、派遣社員

Step4望する職種や条件を決める

事選びにあたって、希望する条件の優先順位を決めておきましょう。
事内容、収入、勤務時間、それともやりがい?どうしても譲れない条件以外は柔軟に考えましょう。

Step5題とその解決策を考える

職するにあたってクリアしなければならない課題を書き出し、解決策を考えていきましょう。
題がたくさんある場合は、計画を立ててみたり、再就職の時期を見直してみましょう。

今のスキル(技術)で大丈夫?

  • セミナーに参加する
  • 資格取得のために職業訓練を受ける
  • 通信教育で勉強する

子どもや家庭のことは大丈夫?

  • 保育サービスの情報を集める
  • 家族で家事や育児・介護等の分担を話し合う
  • 近所の人や友人に協力を依頼する

しばらく仕事していないけど大丈夫?

  • 短期のアルバイトをする
  • ボランティア活動をしてみる
  • 企業見学会に参加してみる

再チャレンジはひとりで大丈夫?

  • セミナーに参加して仲間をつくる
  • 前の会社の同僚や上司に連絡する
  • 就職支援機関に行って相談してみる

【ワンポイントアドバイス】

就職することで家族に迷惑をかけてはいけない、何もかも自分でやらなくてはと考えていませんか?一人で頑張りすぎず、完璧を目指さず、無理なく続けられる生活スタイルをつくりましょう。

Step6思決定(応募先の決定)

募先を決めたら、履歴書や職務経歴書、面接等の準備をします。企業のニーズにあわせた自己PRができるように、就職相談窓口などでアドバイスを受けるのもいいでしょう。

  • 応募書類の書き方
  • 面接の受け方

【ワンポイントアドバイス】

採用ならその会社とは縁がなかっただけと考えて、次のチャレンジへと気持ちを切り替えます。

用が決まったら、採用条件を書面(雇用契約書、雇入通知書など)で確認しましょう。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課女性・高齢者雇用推進班

電話番号:043-223-2933

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?