ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年2月27日

求人情報の探し方

りのない情報収集で、自分にぴったりの仕事をみつけましょう。

求人情報ツールの一例

情報ツール 説明
ハローワーク
(公共職業安定所)
無料で利用できる公共機関で、求人情報の閲覧や検索、職業相談ができます。
マザーズハローワーク(マザーズコーナー)では、子育てしながら働きたい方
の支援をしています。インターネットでも求人情報を見ることができます。
ハローワークインターネットサービス外部サイトへのリンク
インターネット 業種やエリア、雇用形態などによってさまざまな求人サイトがあります。
企業のホームページに求人情報が掲載されていることもあります。
求人情報誌 駅や店頭などで無料配布しているものもあります。地域ごとや鉄道沿線ごとに
求人情報が掲載されています。
折り込みチラシ 地元企業の求人情報を中心に掲載されています。
地元に新しいお店がオープンするときなど、求人が出ていないかチェックして
みましょう。
フェア・フォーラム等 合同就職面接会、合同企業説明会・企業との交流会などに参加することで、
一度にたくさんの企業情報を知ることができます。
人脈・縁故 以前勤めていた会社の同僚や近所の知り合いなどに、仕事を探していることを
伝えてみるのも一つの方法です。退職した社員を再雇用している会社もありま
す。

採用条件の確認

社して「こんなはずでは!」と思わないよう、採用条件はよく確認して応募しましょう。

採用条件 確認事項
就業場所 転勤の有無
雇用形態 正社員・契約社員・パート・派遣・
嘱託
雇用期間 契約期間・契約の更新の有無
社会保険 健康保険・年金・雇用保険・
労災保険
就業時間 休日・時間外勤務・交代制
賃金形態 月給・日給・時間給・完全歩合給
賃金 賞与・昇給・手当・残業代の有無
応募条件 必要な免許・資格・経験の有無

仕事に必要な知識・スキル

企業への再就職を目指す場合

織で働く場合、パソコンスキルを必要とされることが多く、また、語学力やビジネス関連の専門知識を必要とされる場合もあります。

専門職で再スタートを切る場合

門職の場合、一定の知識・スキル・資格が必要です。高い技術が身につくスクール(講座)や職業訓練などで学ぶことが近道になります。ある程度のお金・時間が必要です。

独立・起業を目指す場合

客にとってニーズがある技術やサービスが提供できるスキルが不可欠です。さらに開業・会社経営のノウハウや営業力も必要です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課女性・高齢者雇用推進班

電話番号:043-223-2933

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?