ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月14日

公共ふ頭 興津港

※各施設の現在の運用状況は夷隅土木事務所にお問い合わせください。

興津港概要

興津港は外房海岸の中部に位置し、天然の湾形をもっている港です。

昭和26年9月避難港の指定を受け、昭和28年より小型船舶を対象として、防波堤、船揚場、物揚場が整備されています。現在は主として当地域で活動する小型船の船だまりとして利用しています。
また、平成8年度に「エコ・コースト」の指定を受け、アカウミガメを主体とした生態系や自然環境に配慮した海岸整備を実施しました。

主要施設

(1)けい留施設

対象
番号

バース名

延長
(メートル)

所定水深
(メートル)

エプロン幅
(メートル)

対象船舶
(重量トン数)

構造・様式

備考(供用年)

1

南物揚場

166.0

-3.0

6.0

40総トン

重力式

供用中(昭和35年)

2

南船揚場

45.0

-3.0

 

5総トン~10総トン

 

供用中(昭和45年)

3

北船揚場

135.0

-1.7

 

3総トン

 

供用中(昭和62年)

4

北物揚場

40.0

-1.5

13.0

20総トン

重力式

供用中

(2)荷捌地、野積場

対象番号

名称

面積(平方メートル)

5

南荷捌地

1,429.3

6 北荷捌地 300.9

施設平面図

興津港平面図(JPG:273KB)

<クリックすると拡大図が表示されます>

興津港航空写真(JPG:218KB)

<クリックすると拡大図が表示されます>

 

ちばの港湾ホームページへ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課企画班

電話番号:043-223-3843

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?