ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月14日

千葉港の公共ふ頭

千葉港の概要

千葉港は日本のほぼ中央部に位置する東京湾の湾奥部に位置し、北は市川市より南は袖ケ浦市まで6市にまたがり海岸線延長約133キロメートルに及ぶ日本一広い港です。

千葉港は臨海部の埋立と企業誘致により発展してきた港であり、現在では我が国有数の港湾貨物量を誇っています。

千葉港は工業港として発展した経緯から企業専用施設が多く、港湾取扱貨物量の92%が企業専用岸壁で取り扱われている状態です。しかし、平成6年6月に千葉中央地区でコンテナターミナルを供用開始するなど、公共ふ頭も重要な役割を果たしています。

公共主要施設

千葉港の公共けい船岸壁は総延長11,240メートル、94バース、物揚場等は総延長8,339メートルあり、市川ふ頭、船橋中央ふ頭、船橋東ふ頭、千葉中央ふ頭、出洲ふ頭、市原ふ頭、袖ヶ浦ふ頭等に分かれています。

また県営上屋14棟、46,782平方メートル、荷捌地391,595平方メートル、野積場377,374平方メートルが整備されています。

千葉中央ふ頭においては、平成6年6月コンテナターミナル開設以来、1基で運用してきたガントリークレーンが、平成9年3月に増設され、2基による運用となりました。

千葉港平面図

千葉港平面図GIF
(JPG:121KB)

<クリックすると拡大図が表示されます>

見たい地区をクリックしてください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課企画班

電話番号:043-223-3843

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?